お茶は「洋菓子」にもよく合う!洋菓子にもあう茶葉のご紹介

2020年08月18日

by 煎茶堂東京編集部

お茶と合わせるのはやっぱり「和菓子」? いえ、バターやスポンジを使用した洋菓子・焼き菓子にも合うお茶はたくさんあります。いくつか代表的な茶葉をご紹介します。

日本茶とは一線を画すシナモンな香り。「002 香駿」

香駿はその香りに特徴のある品種。ハーブやシナモンのような香りが感じられ、お茶としてだけでなく、シロップやジンの原料、お酒の割り物としても幅広く使用することができる茶葉です。

エキゾチック・オリエンタル。「017 藤枝かおり」

紅茶で有名なインド系のチャノキとの交配種で、萎凋させることによってジャスミンの香りが立つ茶葉です。紅茶やハーブティがお好きな方に人気で、オリエンタルな気分に浸れます。バターを使用した焼き菓子に相性バツグン。

桜餅のような花の香り。「040 静7132」

さくらの葉の香り成分「クマリン」が含まれる品種で、ふわりとさくら餅のような香りが立つお茶です。深蒸しの深緑が美しく、ティータイムを優雅に演出してくれます。

繊細で高貴な芳しい香りの宇治茶。「044 うじみどり」

うじみどりが持つ品種特有の香りは、層のように重なった繊細で美しいハーモニーを奏でます。何度もお茶を飲んでは香りを楽しむような、広がりのあるお茶です。普段宇治茶を嗜んでいる方に特に好まれる香りです。

芯のある硬質な香り。「046 おくゆたか 霧島」

甘い香りを持ちながら、硬質でマニッシュな芯のある香りを持つ茶葉です。透明な水色で、キリッとして澄んだ飲み口がお菓子を引き立てます。

お茶と洋菓子の組み合わせは、いままで注目されていなかった分、隠れた魅力が見つかるペアリングです。まずは「旨味」が少ないものから洋菓子と合わせていくと良いでしょう。ぜひトライしてみてくださいね。


こちらのページでご紹介した商品

関連記事