4,000円以上で送料無料!平日9時までの注文で当日出荷。金(9時以降)~日祝は翌営業日発送。

【試飲茶会】2022年8月販売『Juniper Berry Tea 「ジュニパーベリー」×「おくみどり」』を飲んでみました!

2022年08月01日

by 小野寺友麻

東京茶寮・バリスタ 埼玉生まれ。大学では日本語教育を学び、日本語の先生をしていたことも。日本をもっと知りたい、と東京茶寮へ。カレーと紅茶がマイブームです。

煎茶堂東京で取り扱っているシングルオリジン煎茶は50種類以上。(2022年8月時点)その中でも、通年販売と期間限定の茶葉、そして季節が変わるごとに楽しめるブレンドティーがあります。

今回は、夏限定の『Juniper Berry Tea 「ジュニパーベリー」×「おくみどり」』をご紹介!

煎茶堂東京 銀座店ティーコンシェルジュ・四本(よつもと)と、東京茶寮バリスタ・小野寺が試飲してお茶会を行った様子を写真と一緒にお伝えします。

「シングルオリジン煎茶とどう違うの?」「ブレンドされてるおくみどりってどんな味?」など、お茶を選ぶときの参考にご覧ください。

ご紹介する茶葉

・ジュニパーベリーティー(福岡県産茶葉使用)
特徴:蒸留酒「ジン」の香り付けに使用される「ジュニパーベリー」と、やわらかい香りと甘みの「おくみどり」のブレンドティー。天然素材のみを使用しながらもインパクトのあるジュニパーベリーの清涼感が通り抜けていく夏にぴったりのフレッシュティーです。

小野寺:
「先月のジャスミンティーに続いて8月も、夏のブレンドティーの登場です!」

四本:
「ジュニパーベリーティーですね!こちらも昨年から2年目の取り扱いです。他ではあまり見たことがない、そして味わったことがないお茶でしたので、驚いたのを覚えています」

小野寺:
「衝撃的でしたよね。あとを引く美味しさで、待っていてくれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今年も数量限定なので、是非お見逃しなく…!」

夏を感じる、エキゾチックな日本茶。Juniper Berry Tea 「ジュニパーベリー」×「おくみどり」

「ジュニパーベリーティー」どんなお茶?

蒸留酒「ジン」の香り付けに使用される「ジュニパーベリー」と、やわらかい香りと甘みの「おくみどり」のブレンドティー。当店でしか扱っていない特別なブレンドで、他にない特徴的なデザインがプレゼントにも最適。

小野寺:
「袋を開けた瞬間からジュニパーベリーの独特な香りが広がります。この茶色い粒がジュニパーベリーですね」

四本:
「ジュニパーベリーの実を乾燥させて粉砕したものです。この爽やかさが夏にピッタリなんですよね。茶葉は少し細かめですね」

小野寺:
「ベースは「おくみどり」という福岡県産、中蒸しの茶葉を使用しています。甘みと少し旨みがあるお茶と、香りのハーモニーを体感しましょう!」

四本:
「ブレンドティーは香りが立つように、基本のレシピより温度が高めです。一煎目は80℃のお湯を120㎖注いで1分待ちます」

小野寺:
「お湯を注ぐと香りが変わって、少し甘い香りが漂ってきます。お茶の香りでしょうか?」

四本:
「変化しますね。茶葉の青々しい香りと合わさっているのかなと思います。茶葉自体も青々しいですね」

小野寺:
「それでは一煎目です。…ん〜!久しぶりの美味しさです。味も香りも複雑さがあります」

四本:
「甘み・苦み・旨み・香りのバランスがいいですね。香りの印象と、実際に口にしたときの味わいのギャップがクセになります…!」

小野寺:
「改めてにはなりますが、ジュニパーベリーは蒸留酒ジンの香り付けにも使用される果実なので、ジンなどお酒が好きな方も、普段は飲まない方でも楽しんでいただけますね」

四本:
「ハーブティーなど香りがお好きな方にもオススメです」

小野寺:
「二煎目も淹れていきます。注ぐときの広がる香りに癒されます…」

四本:
「二煎目はお茶感が増しますね。でも変わらずジュニパーベリーの爽やかさもあります。そしてスッキリした味わいになります」

小野寺:
「お茶だけどお茶じゃない、という不思議な感覚を味わえます。飲めば飲むほどクセになる。個人的な感覚なのですが、2年目で慣れたからなのか、昨年よりも普段使いができそうです!昨年はインパクトが強くて、おっかなビックリ飲んでいたのかもしれません(笑)」

四本:
「このお茶と昨年出会った方には、今年も”夏”を味わっていただきたいですし、これから出会う方には是非この味わいを共有したいですね!」

小野寺:
「7月から販売している「ジャスミンティー」とも味わいも見た目も全然違うので、ブレンドティーの飲み比べもいいですね。ジャスミンティーは白い花と茶葉の開きの美しさを楽しめましたが、今回のお茶は、細かくて青々しい茶葉です」

小野寺:
「それでは三煎目も淹れていきましょうか。最後は急速冷茶にしてみます。氷が溶ける分、急須に注ぐお湯の量を少なくするのがポイントです!毎日暑いので、一煎目から冷たくしてもいいですし、お水出ししてもいいですよ」

四本:
「氷の音がカランコロンと涼やかですね。夏を感じます」

小野寺:
「甘みがあってスッキリ。冷たいとゴクゴク飲めてしまいますね」

四本:
「一日の終わりに飲みたい一杯です」

小野寺:
「いいですね。この香りの余韻で眠りにつきたいです。引き続き暑さを凌ぎながらの毎日になるかと思いますが、ジュニパーベリー冷茶を飲んだり、楽しみ見つけながら過ごしていきましょう!」

「ジュニパーベリーティー」の味わいノート

・甘・苦・旨・香りのバランスがいい。香りの印象と、実際に口にしたときの味わいのギャップがクセになる
・二煎目はお茶感が増す。ジュニパーベリーの爽やかさはあり、スッキリとした味わいに
・三煎目(急速冷茶)は甘みがあってスッキリ。ゴクゴクと飲め、夏にピッタリ

こちらのページでご紹介した商品

関連記事