春限定の“さくらの煎茶”は「桜」入り?香り立つ美味しいお茶をギフトに

2021年01月25日

by 煎茶堂東京編集部

「さくらの煎茶」が発売する時期になると、まだ少し先の春への期待と想いが募ります。いよいよ、今年もそんな季節。 ちょっと春には早いですが、2月1日(月)から、「さくらの煎茶」が店頭・オンライン共に発売開始します。


普段はお茶を飲まない方も、お茶ラバーな方にも毎年人気の「さくらの煎茶」。今回は、煎茶堂東京銀座店の店長・李(り)が、ひと足早く春を感じることができる「さくらの煎茶」がおいしい理由やオススメの淹れ方をご紹介します。

春を感じる「さくらの煎茶」

春になると、コンビニやケーキショップ、和菓子屋さんなどでもさくらやイチゴなど、春のスイーツが並びます。「季節限定」というワードにも弱いのですが、さくらのフレーバーってなんであんなに胸をくすぐるような美味しさなのでしょう。

コーヒーショップでもさくらのラテの看板を見ると、そそられますよね。

煎茶堂東京の「さくらの煎茶」は、桜餅のような香りがふわっと香る、春限定の煎茶です。

実際に「桜」が入っている?

「さくらの煎茶」は、お茶を揉む工程で本物のさくらの葉を加えて作られています。そのため、お湯を入れた瞬間、ふわっと立ち上がる桜餅のような香りが楽しめます。

この桜餅を思わせる香りは「クマリン」という成分でさくらの葉に含まれている成分です。天然の成分由来の自然な香りが人気で、フレーバーティーの香料が苦手という方も美味しくお楽しみ頂けます。

「さくらの煎茶」どんな淹れ方がオススメ?

煎茶堂東京の「さくらの煎茶」は、ふわっと自然にさくらの香りが立ち上がるのが特徴。普段、フレーバーティーが苦手なわたしでも飲みやすく、大好きなんです。

香りをより楽しみたいので、少し高めの温度で淹れるのが好み。一煎目から高温で淹れます。

<材料>

・茶葉「さくらの煎茶」 4g
・お湯(一煎目) 85℃ 120㎖
・お湯(二煎目) 80℃ 120㎖
・お湯(三煎目) 85〜90℃ 120㎖
・にこまる玄米(あれば) お好み

<淹れかた>

【1】一煎目を淹れる

茶葉を4g急須に入れ、85℃のお湯を120㎖注ぎ、40秒蒸らします。高温でお茶を淹れると少々苦味が出るので、苦味が苦手な方は、お湯80℃で1分蒸らすのがオススメ。

【2】カップに注ぎ、香りを楽しむ

お茶をカップに注ぎ、まずは鼻に近づけます。カップを持った両手に感じられる温かいお茶の温度と、そしてふわっと立ち上るさくらの香りを存分に楽しんだら、お茶をひとくち。

優しい味わいは、なんだか自分も優しくなる気分に。

【3】二煎目を淹れる

ニ煎目は、お湯80℃で10秒蒸らします。

【4】三煎目を淹れる

三煎目は、好みで玄米をあとのせするのもオススメ◎。美味しいお茶は、長く楽しみたくなってしまいますね。

さくらの煎茶の思い出

春になると、「さくらの煎茶」を持って外へ出掛け、花見をしながら野点をするのが好きでした。今年は、難しいかもしれませんね。

寂しい気持ちもありますが、美味しいお菓子を用意して、花屋でさくらの枝を買って、おうちで花見をしてみるのはいかがでしょうか。

いつか以前のように花見を行けるその日を願いながら、穏やかな気持ちで過ごしたいですね。

「さくらの煎茶」は、和菓子でも洋菓子でもぴったり合います。ご用意するお菓子によって、いろんなお茶時間が演出できるのも楽しみのひとつです。

プチギフト・ホワイトデーのお返しにも!

シンプルで可愛い缶のデザインも「さくらの煎茶」が人気のポイント。マットな質感にピンクの箔押しのパッケージは、手軽なプチギフトや、ホワイトデーのお返しとしてもオススメです。

一緒にお花見に行きたいお友達にお送りして、リモートお茶会を開催してみるのもいいかも!皆さんもさくらの煎茶を飲みながら、春を満喫してみてください。きっと癒される時間になりますよ。

アレンジレシピもオススメ!

関連記事