ほうじ茶の水出しレシピ。味と香りを引き出す美味しい淹れ方

日本茶を焙煎して作るほうじ茶は、水出しにしてもその香ばしさを楽しめるお茶です。カフェイン少なめで苦みをおさえた味わいは、家族で飲む日常のお茶にもぴったり。今回は、冷蔵庫に常備したくなる水出しほうじ茶の美味しい淹れ方をご紹介します。

独特な色合いと香りを持つほうじ茶も、実は緑茶のひとつ。水出しほうじ茶をきっかけに、ぜひお茶の新たな世界を広げてみてください。

 

毎日の水分補給に「水出しほうじ茶」

水出しほうじ茶

ほうじ茶は、煎茶や番茶、茎茶を高温で焙じた(ほうじた)お茶です。加熱することでカフェインが昇華(固体から気体へと変化)し、カフェイン含有量の少ないお茶に仕上がります。

カフェインは、覚醒作用とともに利尿作用のある成分。水分補給のためにお茶を摂取する場合、利尿作用の強いものを飲んでしまうと水分と一緒に塩分が排出され、脱水症状を引き起こす可能性があります。

そのため、カフェイン含有量が少なく利尿作用の弱いほうじ茶は、日々の水分補給に適したお茶。苦みが少ないため、子どもや年配の方までどなたでも飲みやすいこともポイントです。

 

水出しほうじ茶の美味しい淹れ方

水出しほうじ茶レシピ

暑い夏の時期はもちろん、普段から冷蔵庫に水出しほうじ茶を用意しておけば、いつでも手軽に美味しいほうじ茶を楽しめます。

さっぱりした味わいはどんな料理とも相性が良いため、食卓で家族みんなが飲むお茶として常備するのもおすすめです。


<用意するもの>

  • 水 1L
  • 茶葉 25g
  • ボトル
  • 茶漉し


<淹れかた>

【1】ボトルに、茶葉→水の順で入れる

清潔な空のボトルに茶葉25gを入れてから、水1Lを加えます。

[poitn]水を後から入れることで茶葉が水に浮かばず、香りと味を抽出しやすくなります。


【2】冷蔵庫のなかに3時間以上置く

ほうじ茶の香りを引き出すため、冷蔵庫でゆっくりと寝かせます。抽出時間は3時間から8時間が目安です。

【3】茶漉しを使って茶葉をこし、冷蔵庫で保存する

水出しほうじ茶レシピ

茶漉しを使って茶葉をこします。茶葉をこさないままでいると、お茶が濁って透明感がなくなってしまうので気を付けましょう。完成した水出しほうじ茶は冷蔵庫で保存し、当日中に飲みきるようにしてください。

 

水出しほうじ茶のもうひとつの楽しみ方

水出しほうじ茶

水出しにしたほうじ茶は、香ばしい香りを持ちながらよりすっきりした味わいに仕上がるのが特徴です。そのままごくごく飲むのはもちろん、その香りをいかしたアレンジもおすすめ。ミルクとシロップを合わせれば、アイスカフェオレのような味わいのドリンクができあがります。

コーヒーではなくカフェイン少な目のほうじ茶を使用しているため、小さな子どものおやつ時間にもぴったり。お茶の楽しみ方がより一層広がりますよ。

 

水出しで楽しむほうじ茶の香りとやさしい味わい

ほうじ茶は、飾らない素朴な味わいが親しまれているお茶です。あつあつのお湯で淹れれば、リラックス効果のある香りを感じながら、ゆっくりとその味わいを楽しむことができます。

水出しほうじ茶はよりすっきりと香ばしく、いつでも好きな時に口にできるのが魅力。身近な存在のお茶として、ぜひ水出しのほうじ茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

カフェイン レシピ 水出しほうじ茶 煎茶

← Older Post Newer Post →