【お菓子とお茶】コーヒーショップ生まれの「ブルーボトル羊羹」と「044 うじみどり」。いたずら心から作られたペアリング

おいしいお茶を淹れると、お茶菓子が欲しくなる。おいしそうなお菓子を見つけると、どんなお茶を淹れようか想像してしまう。煎茶堂東京のお茶と過ごす日々の中で、ついつい誰かに教えたくなるペアリング菓子をご紹介します。

今回ご紹介するのは、コーヒーショップ生まれの羊羹とお茶のペアリング。学生の頃はコーヒーのもつどっしりとした苦味ばかりを追い求めていたのですが、最近はすっきりしたフルーティさや酸味を求めている、東京茶寮・バリスタの小野寺がお届けします。

 

 

ブルーボトルコーヒーの「ブルーボトル羊羹」


アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランドに本社をもつブルーボトルコーヒーは、2015年にアメリカ国外初の店舗を東京、清澄白河にオープン。現在では都内に10数店舗、東京茶寮の最寄り駅でもある三軒茶屋にも店舗を構えています。

もともとコーヒーも好きでしたが、東京茶寮で“シングルオリジン”の日本茶に携わるようになってから、更にコーヒーへの関心も深まりました(産地や製法などの知識というよりは、様々な味わいや香りを知りたいという欲です)。

普段から「疲れがとれないなぁ」とか「ちょっと息詰まってしまった…」という瞬間がくると、出勤前に30分ほどブルーボトルコーヒーにお邪魔します。おすすめをいただくこともありますが、基本的には「ホットのモカ」を。エスプレッソの苦味とチョコレートの甘みで気持ちを上げてくれるんです。

今回も出勤前、ふらっと立ち寄った際に見つけたのが「ブルーボトル羊羹」(320円税込)。“コーヒーのための羊羹”というコンセプトなのですが、やはりお茶とも合わせたい…ということでわたしのいたずら心が垣間見えてしまうペアリングです(笑)

 

 

コーヒーのために作られた羊羹
 


「ブルーボトル羊羹」は、京都堀川三条で60年以上続くあんこ屋「都松庵(としょうあん)」とのコラボレートしたお菓子(コラボ第一弾!)。小豆あんの中には、イチジクやくるみが入っており、シナモンやコリアンダーでアクセントを効かせた、風味も豊かな羊羹です。

3つのフレーバーがあるのですが、今回も1つに絞れず、コラボレート第二弾の「ブルーボトル羊羹 抹茶」(350円税込)とコラボレート第三弾の「ホリデー 羊羹」(350円税込)と共に帰宅しました。

抹茶フレーバーは白あんベースで、レモンとレモングラスを合わせているすっきりとした味わい。

ホリデーフレーバーは期間限定で、カレンツ(レーズンの一種で、粒が小さいもの)とイチジクがたっぷりと入った、こちらも白あんベースのひと品。シナモンも効いていて、ほんのりラム酒も香る大人な印象です。

 

 

“幾重にも複雑に織りなす香り”をスパイスの風味と合わせる
 


最初は“コーヒーのための羊羹”ということで、コーヒーを思わせるような苦味があるどっしりとしたお茶をチョイスしようかと考えていました。

しかし、「ほんのりスパイスの効いた、香りでも楽しめる羊羹」というスタッフの方のご紹介から、“香り”のペアリングに挑戦!今回はそんな“香り”に注目して、華やかな印象の「044 うじみどり」を淹れることに。

偶然に、コラボレートしているあんこ屋「都松庵」も「044 うじみどり」も京都なのです…!

「幾重にも複雑に織りなす高貴な香り」と表現されるこのお茶とのペアリング。羊羹の異なる2つの香りと調和するタイミングが訪れます。甘くてやさしい時々スパイシーなシナモン、フレッシュな爽やかさのレモングラスが鼻を抜けていく瞬間が、このペアリングの最も絶妙な瞬間かもしれません。




ブルーボトル羊羹(都松庵とのコラボレート第一弾)は3種類の中で唯一、小豆あんを使用していることもあり、ずっしりとした甘みがあります。加えて、くるみのコクも特徴的だったので、まろやかさとしっかりとした苦味の「032 つゆひかり 頴娃」とも合わせました。

ホリデーフレーバーは特にシナモンの風味が効いていたので、ここでは「002 香駿」を合わせます。このペアリングは正に想像通りで、お茶と羊羹を口に運ぶ手が止まりません。

抹茶フレーバーは、独特な苦味とグラッシーな「008 Z1」がレモングラスと合うのでは…?という想像を膨らませながら今回のお茶時間はおしまいです。

コンセプト通り、自宅にあったコーヒーとも合わせてみました。なんだか不思議な感覚ではありましたが、コーヒーに合うんです。お茶もそうでしたが、様々なコーヒーを淹れて楽しんでみたい衝動に駆られつつ、それはまた別の機会に。(楽しみが増えて思わずニンマリ、です)





ブルーボトルコーヒー「ブルーボトル羊羹」

商品名 ブルーボトル羊羹
価格 ブルーボトル羊羹    320円(税込)
ブルーボトル羊羹 抹茶 350円(税込)
ホリデー 羊羹       350円(税込)
販売期間 通年(ホリデー 羊羹は期間限定)
販売場所 ブルーボトルコーヒー 三軒茶屋カフェ
〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18

ほかにも、新宿・六本木・銀座などにも店舗があります。

 

URL https://store.bluebottlecoffee.jp/

 

紹介したスタッフ

東京茶寮・バリスタ
小野寺 友麻

埼玉生まれ。大学では日本語教育を学び、日本語の先生をしていたことも。日本をもっと知りたい、と東京茶寮へ。カレーと紅茶がマイブームです。

https://twitter.com/yumaonodera521
044 うじみどり お菓子とお茶 ペアリング 和菓子 小野寺 友麻

← Older Post Newer Post →

お茶のある暮らし Tea Life

RSS
Tags
001 はるもえぎ 001はるもえぎ 002 香駿 002香駿 003 こいしずく 003こいしずく 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 006ゆたかみどり知覧 009おくひかり 010 ふくみどり 010ふくみどり 011やまなみ 012 あさつゆ 014熊球磨在来 015おくゆたか 016むさしかおり 017藤枝かおり 018 うじひかり 018うじひかり 020 さえみどり 021 釜炒りさえみどり 022 かなやみどり 024 香駿雁金 027CA278 028りょうふう 029めいりょく 031 浅蒸しはるもえぎ 032 つゆひかり頴娃 033 やまかい 034 ゆたかみどり 034ゆたかみどり 035 さきみどり彼杵 035さきみどり彼杵 036 みなみかおり 037 つゆひかり大山 038 山の息吹 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 043 やまとみどり 044 うじみどり 045 おくみどり 霧島 046 おくゆたか 霧島 046 おくゆたか霧島 047 釜炒りはるもえぎ 049 あさひ 050 茂2号 051松寿 053 はると34 054 あさのか 056 やぶきた臼杵 2020年 5種飲み比べギフトセット TOKYO TEA JOURNAL VOL.1 VOL.2 VOL.4 VOL.5 あの人の朝ごはん あんこ お手入れ お月見 お茶のある暮らし お茶の三大産地 お茶の情報 お茶の成分 お茶の文化 お茶の栽培方法 お茶の歴史 お茶の淹れ方 お茶の産地 お茶の製造工程 お茶はどうやって淹れれば? お茶菓子 お茶請け お菓子とお茶 お餅 かぶせ茶 ぐり茶 さくらの煎茶 にこまる玄米 ふくみどり ほうじ煎茶 ほうじ番茶 ほうじ茶 まろやかな国産粉末緑茶 わたしの茶道具 カカオ カテキン カフェイン ガラス キャップ ギフト ジャスミンティー ジャスミン茶 ジュニパーベリーティー チョコレート チーズ テアニン ハーブ ハーブと暮らそう ハーブティー バックナンバー パフェ ビタミン ビール ピラジン プレゼント ペアリング ミネラル ミント メンテナンス ラッピング ランキング リモートワーク レシピ ワイングラス 七碗茶歌 三大銘茶 三重県 不発酵茶 中国茶 中川たま 中蒸し 九州 京番茶 京都府 佐賀県 作山窯 光と色とガラス 八十八夜 八女茶 冷茶 加賀棒茶 包装 十五夜 半発酵茶 古川 千鶴 古川千鶴 和菓子 和菓子の日 品種のはなし 埼玉県 売茶翁 夏和菓子 大福茶 奈良県 嬉野茶 子ども 宇治茶 宮崎県 小野寺 友麻 岡倉天心 後発酵茶 急須 抹茶 掃除 新茶 日本文化 日本茶 木村 晃 李 セロム 東京茶寮 果物 栄西 桜染め 梅シロップ 植物 植物としてのお茶 椎茸 母の日 水の旅 注ぎ口 洋菓子 洗い方 津軽三味線 浅蒸し 海苔 深蒸し 清風 温かい煎茶 温度 濃厚煎茶アフォガート 烏龍茶 煎茶 煎茶パック 煎茶堂東京 煎茶道 熊本県 狭山茶 玄米茶 玉緑茶 玉露 生産量 発酵 発酵茶 盆栽 盧仝 碾茶 神 まどか 福岡県 立ち読み 粉末緑茶 紅茶 緑茶 編集部 花茶 花見 茶の本 茶の湯 茶器 茶摘み 茶摘み体験 茶経 茶育 茶道 落語 蒸し製 蒸し製玉緑茶 被覆栽培 読書 豆知識 貴腐ワインレーズン 贈り物 贈答 透明急須 部屋に飾りたい花 野点 釜炒り 釜炒り茶 釜炒り製 釜炒り製玉緑茶 長崎県 陶磁器 陸羽 雁ヶ音ほうじ茶 静岡 静岡県 飲む植物園 鹿児島県