【お菓子とお茶】日本橋のアメリカンなドーナツショップ・Chigaya Bakeryの「レモンドーナツ」と「002 香駿」

おいしいお茶を淹れると、お菓子が欲しくなる。おいしいお菓子を見つけると、どんなお茶を淹れようか想像してしまう。煎茶堂東京のお茶と過ごす日々の中でついつい誰かに教えたくなるペアリング菓子をご紹介します。

今回、食いしんぼうデザイナーの神(ジン)が紹介するのは、アメリカンなドーナツショップ「Chigaya Bakery 日本橋」。これを読んだら、もうドーナツが食べたくて仕方なくなっているに違いありません(笑)。




Chigaya Bakery 日本橋のドーナツ




「Chigaya Bakery 日本橋」は、「COMMISSARY(カミサリー)」のコート内にお店を構えています。COMMISSARYは2020年9月、東京・日本橋にオープンしたフードコート。

“物資支給所”を意味するCOMMISSARYはその名の通り、縦長のワンフロアにカフェ、ベーカリー、ピザ、タコス、クラフトビールを販売するお店が横並びで5つ揃っています。






「Chigaya Bakery」の日本橋店は、辻堂、蔵前に続き3店舗目。蔵前店のインスタグラムのバイオグラフィーに書かれた「誰かをほんの少し良い気分にさせる」のコンセプトが、このドーナツを食べると身体じゅうに伝わります。

今回選んだのは、「レモンドーナツ(313円 税込)」「シナモンドーナツ(292円 税込)」「クリームドーナツ(400円 税込)」「苺ミルクドーナツ(432円 税込)」の4種。厳選したつもりがほとんどの種類を購入していました。(ドーナツの魅力おそるべし…)




NYのお気に入りのドーナツショップをイメージ

 




ショーケースに積まれたドーナツの姿は、さながらアメリカのドーナツショップのよう。ショップの内装は、オーナーのちがやさんがNYで過ごしていた頃通っていたお店をイメージして作られたのだとか。キッチンの窓ガラスに貼られたカラフルなケーキのイラストなど、細部のセンスに胸がキュッと締め付けられます。

NYやオランダなど、世界各国のカフェを巡ってきたちがやさんの好きなものがお店に反映されていて、COMMISSARYのアメリカンなコンセプトとも高い親和性を感じます。こんなお店が会社の近くにあったら…3時のおやつに、頭をクールダウンしたい時に、駆け込み寺にしてしまいそう。

 



お店で一番人気だという、かわいらしいビジュアルのクリームドーナツと、その日の店主の気分で変わるという“本日のクリームドーナツ”「苺ミルククリーム」も外せない。

 



でも、本日のお目当ては「レモンドーナツ」。煎茶に合わせるなら、酸味のあるレモンドーナツを試してみたいと思ったのです。このレモンドーナツ、実はスタッフの間では一番人気なのだとか!

プライスカードに、“常連の男の子に世界で2位と報告された。” と書かれていて思わず続きも読むと……“世界1位は出川だそうです。世界1位を目指すと約束したのでアップグレード中。”

…かわいくてかわいくて、列に並びながら和まずにはいられませんでした。出川が好きな常連の男の子を満足させるモチベーションにあずかって、アップグレード中のレモンドーナツを頂くとします。




ドーナツにコーヒーもいいけど、お茶だって!

 




レモンドーナツとシナモンドーナツに焦点を当てて、さっぱりとしてハーブやシナモンのような香りが立ち登る「002 香駿」を合わせてみます。

お湯を沸かす間に我慢できずシナモンドーナツに齧りつくと、ふわふわでもっちりした生地とシナモンの香りが鼻を抜けます。ドーナツを全種食べてみて全てに共通するのは、いずれも甘さがかなり控えめだということ。

気分の赴くまま4つも買ったのはいいものの、食べきれるか?とハッとしたのも束の間、その食感と味わいの軽やかさのお陰で、気がつけば銀座店のスタッフと一緒に完食していました。

 



さて、一番気になっていたレモンドーナツ。ひとつひとつ手作りで成形された不格好な形から滲み出る温度感と愛らしさに、ドーナツのキャラクターを感じます。そして、ひとくち食べると目を見開いてしまうほどのレモン感の正体は、生地に練り込まれたレモンピール。

コーヒー、紅茶とも絶対的相性を誇る無敵のドーナツですが、煎茶との相性の良さも新しく語り継いでいきたい一手です。どちらかというと味の強いコーヒーや紅茶に比べて、繊細な香りと独特なフルーツ感のある煎茶。(特に「002 香駿」は名前に“香”の字が入っているだけあって香りのお茶として人気です)

わたしのイチオシ、「レモンドーナツ」を主役にしつつ、新鮮な香りの変化を味わえる、楽しいお茶時間をお約束します。ぜひお試しあれ!



 

 



Chigaya Bakery 日本橋

価格 ドーナツ 270円(税込)〜
販売場所
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-11-5 COMMISSARY 内
営業時間 9:00〜19:00
定休日 COMMISSARYに準ずる
URL

https://www.instagram.com/chigaya_commissary/

 


紹介したスタッフ

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー
神 まどか

青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

https://twitter.com/shenmadoka

 

002 香駿 お菓子とお茶 ペアリング 洋菓子 神 まどか

← Older Post Newer Post →

お茶のある暮らし Tea Life

RSS
Tags
001 はるもえぎ 001はるもえぎ 002 香駿 002香駿 003 こいしずく 003こいしずく 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 006ゆたかみどり知覧 009おくひかり 010 ふくみどり 010ふくみどり 011やまなみ 012 あさつゆ 014熊球磨在来 016むさしかおり 017藤枝かおり 018 うじひかり 018うじひかり 020 さえみどり 021 釜炒りさえみどり 022 かなやみどり 024 香駿雁金 027CA278 028りょうふう 029めいりょく 031 浅蒸しはるもえぎ 032 つゆひかり頴娃 033 やまかい 034 ゆたかみどり 034ゆたかみどり 035 さきみどり彼杵 035さきみどり彼杵 036 みなみかおり 037 つゆひかり大山 038 山の息吹 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 044 うじみどり 045 おくみどり 霧島 046 おくゆたか 霧島 046 おくゆたか霧島 047 釜炒りはるもえぎ 049 あさひ 050 茂2号 051松寿 053 はると34 054 あさのか 5種飲み比べギフトセット TOKYO TEA JOURNAL VOL.1 VOL.2 VOL.4 VOL.5 あの人の朝ごはん あんこ お手入れ お月見 お茶のある暮らし お茶の三大産地 お茶の情報 お茶の成分 お茶の文化 お茶の栽培方法 お茶の歴史 お茶の淹れ方 お茶の産地 お茶の製造工程 お茶はどうやって淹れれば? お茶菓子 お茶請け お菓子とお茶 お餅 かぶせ茶 ぐり茶 さくらの煎茶 にこまる玄米 ふくみどり ほうじ煎茶 ほうじ番茶 ほうじ茶 まろやかな国産粉末緑茶 わたしの茶道具 カカオ カテキン カフェイン キャップ ギフト ジャスミン茶 チョコレート テアニン ハーブティー バックナンバー パフェ ビタミン ピラジン プレゼント ペアリング ミネラル ミント メンテナンス ラッピング リモートワーク レシピ ワイングラス 三大銘茶 三重県 不発酵茶 中国茶 中蒸し 九州 京番茶 京都府 作山窯 八十八夜 冷茶 加賀棒茶 包装 十五夜 半発酵茶 古川 千鶴 古川千鶴 和菓子 品種のはなし 埼玉県 売茶翁 大福茶 子ども 宮崎県 小野寺 友麻 岡倉天心 後発酵茶 急須 抹茶 掃除 新茶 日本文化 日本茶 木村 晃 李 セロム 東京茶寮 桜染め 梅シロップ 植物 植物としてのお茶 椎茸 母の日 注ぎ口 洋菓子 洗い方 津軽三味線 浅蒸し 海苔 深蒸し 清風 温かい煎茶 温度 濃厚煎茶アフォガート 烏龍茶 煎茶 煎茶パック 煎茶堂東京 煎茶道 狭山茶 玄米茶 玉緑茶 玉露 生産量 発酵 発酵茶 盆栽 碾茶 神 まどか 立ち読み 粉末緑茶 紅茶 緑茶 編集部 花茶 花見 茶の本 茶器 茶摘み 茶摘み体験 茶育 茶道 落語 蒸し製 蒸し製玉緑茶 被覆栽培 読書 豆知識 貴腐ワインレーズン 贈り物 贈答 透明急須 野点 釜炒り 釜炒り茶 釜炒り製 釜炒り製玉緑茶 長崎県 陶磁器 雁ヶ音ほうじ茶 静岡 静岡県 飲む植物園 鹿児島県