4,000円以上で送料無料!月~木15時まで注文で翌営業日、金~日祝は翌々営業日発送

〈 あの人の朝ごはん 〉012 ルームサービスのモーニング − YORK.代表・山藤陽子

2022年02月24日

by 煎茶堂東京編集部

朝ごはん。一日をスタートする日常的だけれどちょっと神秘的な時間。素敵に過ごせたらその日は絶対いい一日になるはず。

でも毎日立派な朝食の時間を取れないのが現実。ささっと1分で出来ちゃう簡単メシでも、時には贅沢に外に食べに行っても、昨日の夕ご飯の残りだって、立派な朝ごはん。

そういえば、素敵なあの人はどんな朝ごはんを食べているのだろう…?

今回は、「気持ちいいこと」をテーマにしたライスタイル提案を行うYORK.代表の山藤陽子さんに、特別な日の朝ごはんについて伺いました。

ルームサービスのモーニング

一日の中で、いちばん大切にしているのが朝ごはん。いつもは季節の果物やヨーグルトなどで簡単に摂っていますが、一年に一度だけ、年の暮れの自分の誕生日には都内のホテルに泊まり、ルームサービスでモーニングをいただくようにしています。

旅や出張とは違って、いつもの街なのに非日常を味わう。これはもう、人生の楽しみのひとつといってもいいぐらい大事な習慣です。

少しだけ慌ただしさを感じさせる、年末の街の空気の中でゆっくりといただく朝ごはんは、とても贅沢だなあといつも感じます。フレッシュなオレンジジュース、おいしいパンたち、美しい黄色の卵料理、手入れの行き届いた銀のカトラリー。誕生日という自分にとっての新しい一年を静かに祝う、儀式のようなひとときなのです。

山藤陽子(やまふじ・ようこ )

上質で気持ちのいい暮らし、生き方をテーマに、ブランドコンサルティングや商品企画開発、パフューマ―として調香なども手がけるかたわら、アポイント制のサロン「HEIGHTS」でパーソナルカウンセリングも行う。york-tokyo.com

関連記事