4,000円以上で送料無料!平日9時までの注文で当日出荷。金(9時以降)~日祝は翌営業日発送。

【試飲茶会】 2022年12月販売『Strawberry Tea「いちご」×「やぶきた」』と『CHAI TEA チャイ煎茶』を飲んでみました!

2022年12月01日

by 小野寺友麻

東京茶寮・バリスタ 埼玉生まれ。大学では日本語教育を学び、日本語の先生をしていたことも。日本をもっと知りたい、と東京茶寮へ。カレーと紅茶がマイブームです。

煎茶堂東京で取り扱っているシングルオリジン煎茶は50種類以上(2022年12月時点)。その中でも、通年販売と期間限定の茶葉、そして季節が変わるごとに楽しめるブレンドティーがあります。

今回は、冬限定の『Strawberry Tea「いちご」×「やぶきた」』と『CHAI TEA チャイ煎茶』をご紹介!

煎茶堂東京 銀座店ティーコンシェルジュ・四本と、東京茶寮バリスタ・小野寺が試飲してお茶会を行った様子を写真と一緒にお伝えします。

「シングルオリジン煎茶とどう違うの?」「私が好きなお茶はどういうもの?」など、お茶を選ぶときの参考にご覧ください。

いちご煎茶(福岡県産茶葉使用)

特徴 「やぶきた」に合わせたドライいちごの果実がほのかに香るフルーティーで愛らしいブレンドティー。

チャイ煎茶(高知県産茶葉使用)

特徴 高知県産茶葉にジンジャー・ナツメグ・カルダモン・クローブ・シナモン・ブラックペッパー・きび糖をブレンドした異色の煎茶。

この冬、いちごとお茶が出会いました。Strawberry Tea「いちご」×「やぶきた」

「いちご煎茶」どんなお茶?

「やぶきた」に合わせたドライいちごの果実がほのかに香るフルーティーで愛らしいブレンドティー。いちごの香りとやぶきたの味わいが絶妙な調和を見せる、新たな冬の味。

四本:
「まずは『いちご煎茶』を淹れていきましょう!わ〜ドライのいちごがゴロゴロと入っていますよ…」

小野寺:
「本当ですね、甘酸っぱい苺の香りもほんのり感じます」

四本:
「でもちゃんとお茶も感じますね。この茶葉は福岡県産のやぶきたを使用しています」

小野寺:
「いちごの赤とお茶の緑がクリスマスカラーですね!」

四本:
「冬にピッタリ!見た目も香りも茶葉の青々しさを感じます」

小野寺:
「茶葉4gに120㎖のお湯を注ぎますよ。一煎目は80℃で1分です。ブレンドティーは香りも楽しめるように、基本の淹れ方より温度を高めで淹れていきます」

四本:
「わ〜凄い。お湯を注ぐと、いちごジャムのような甘い香りがしますね!」

小野寺:
「茶葉の開きもきれいです。面白いですね…この香りがどんな味わいになるのでしょうか?」

四本:
「水色は透き通っていますね。いただきます……!」

小野寺:
「お茶もいちごもどちらも感じますね、凄い……いちごの甘酸っぱい香りが最初に来て、後味はお茶になりますね」

四本:
「お茶は比較的スッキリ系の香りです。後味はお茶なのですが、鼻に抜ける香りには苺もいます」

小野寺:
「面白いですね!美味しいのはそうなのですが、感覚としてまだ“不思議”が優っています。もう少しこのお茶をじっくりと味わいたい……」

四本:
「旨みも苦みも感じるバランスの良いお茶です。やはり、やぶきたが良い味を出していますね!」

小野寺:
「いちごとお茶、それぞれを感じつつ上手いこと調和されているお茶ですね。ブレンドの面白さが詰まってます。二煎目もどう変化するのか楽しみです!」

四本:
「改めて、このいちごが入っている様子を『透明急須』で見て欲しいですね」

小野寺:
「二煎目になると、いちごがとろとろしてきますね。水色も緑が濃くなりました」

四本:
「やっぱり、このやぶきた自体が美味しいですね。親しみ持てる味わいです。いちご感は二煎目になると落ち着きますね」

小野寺:
「味はよりお茶になるのですが、茶葉の香りは完全にいちごジャムです…!一煎目はお茶といちごの調和を味わいながら、二煎目でお菓子と合わせるのもいいですね」

四本:
「いちごとお茶、個人的には意外な組み合わせだったので調和を感じながら、合うお菓子の組み合わせも見つけていきたいです」

小野寺:
「茶葉の中のいちごを摘みながら飲んでもいいかもしれませんね」

四本:
「茶葉をそのままミキサーにかけてパウンドケーキを作るのもよさそう!」

小野寺:
「わ〜四本さん流石です!飲むだけではない楽しさが広がりますね」

四本:
「個人的には、クッキーと合わせたいかな……」

小野寺:
「ちょうどクッキーがあるので一緒にいただきましょう!」

四本:
「三煎目もしっかりお茶を感じますね。クッキーはもちろん、焼き菓子ともいいですね」

小野寺:
「いいですね。いちご大福のようにあんことも合わせてみたいですね!」

「いちご煎茶」の味わいノート

・一煎目はいちごの甘酸っぱい香りが最初に来て、後味はお茶になる
・二煎目、味はよりお茶になるが、茶葉の香りは完全にいちごジャム!
・三煎目はしっかりお茶を感じる。焼き菓子とも合いそう

新感覚、スパイシーな煎茶。CHAI TEA チャイ煎茶

「チャイ煎茶」どんなお茶?

高知県産茶葉にジンジャー・ナツメグ・カルダモン・クローブ・シナモン・ブラックペッパー・きび糖をブレンドした異色の煎茶。複雑でスパイシーな味わいと煎茶の組み合わせで、新感覚の煎茶体験を楽しめます。

四本:
「2つめのブレンドティーは『チャイ煎茶』です!」

小野寺:
「紅茶にスパイスを加えた『マサラチャイ』を煎茶で表現したのがこの『チャイ煎茶』ですね」

四本:
「わ〜袋を開けた瞬間からスパイシーな香りですね!きれいな茶葉がスパイスを纏っています」

小野寺:
「香りはまさにマサラチャイ…!どんな味になるのでしょうか…?」

四本:
「茶葉は高知県産のやぶきたです。『いちご煎茶』と同じやぶきたですが、産地が異なります。私はカルダモンを一番強く感じます。他には何が入っていますか?」

小野寺:
「シナモン、クローブ、ブラックペッパー、ナツメグ、ジンジャー、きび糖です。パウダー状のスパイスたちが茶葉にまぶされています。このお茶も香りを楽しめるように、一煎目から80℃1分で淹れていきます」

四本:
「お湯を注ぐとスパイスが溶けていくような…そして茶葉もぐんぐん開いていきますね」

小野寺:
「お湯を注ぐとブラックペッパーやジンジャーの刺激的な香りも立ってきます!個人的にもカレーなども好きなので、テンションが上がります!」

四本:
「こちらも冬にぴったりですね。通常のチャイは紅茶で作られているので、茶葉が緑なのが不思議です」

小野寺:
「水色は若干オレンジっぽい気もしますが、煎茶の色ですね。お茶の香りもするのですが、スパイスが追ってきますね。いただきましょう」

四本:
「香りはジンジャーが先にきます。味わいはスパイスよりお茶を感じますね」

小野寺:
「わ〜面白い。そして美味しい…香りと味とが身体に溶け込んでいくような感覚です」

四本:
「お茶の安心する味がしつつ、スパイスも感じます。『ジュニパーベリーティー』もそうだったのですが、香りのインパクトよりも優しさを感じますね。後味はジンジャーが残るので、身体がポカポカしてきます」

四本:
「スパイスの攻めとお茶の守りが口の中で交代していきますね(笑)。そして余韻は長めです」

小野寺:
「自分の好きなお茶とスパイスで「チャイ煎茶」を作るのも楽しそうですね!」

四本:
「チャイなので、ミルクや砂糖を足して好みの味わいにアレンジしてもいいかも…」

四本:
「二煎目も水色は澄んでいます。スパイスの味わいもだいぶ落ち着いてきます」

小野寺:
「少し苦みが出てきますね」

四本:
「その苦みが生姜の苦みなのかも…と思ったりします。そして鼻に抜ける香りがやっぱりスパイスなのです。寒い日にぴったりですね」

小野寺:
「味わいも身体もポカポカ。このお茶で心も温かくなりましょう」

四本:
「茶葉もきれいに開いていますね。肉厚な茶葉です」

小野寺:
「本当ですね。茶葉は緑なのに、スパイスを感じるのがやっぱり不思議です」

四本:
「三煎目です。最後にまたスパイス感が戻ってきた気がします」

小野寺:
「このお茶もクッキーと合うと思うのですが……うん、合いますね!」

四本:
「このクッキーには少し蜂蜜が入っているので、スパイスの香りも引き立ちます。美味しいですね」

小野寺:
「冬になると並ぶジンジャークッキーも美味しそう…そしてカレーにも合わせてみたい一杯です」

四本:
「『いちご煎茶』と『チャイ煎茶』、この2つの新しいブレンドティーの美味しい飲み方、これから探求していきましょう!」

「チャイ煎茶」の味わいノート

・一煎目、香りはジンジャーが先にくる。味わいはスパイスよりお茶を感じる
・二煎目は少し苦みが出てくる。鼻に抜ける香りはやはりスパイス
・三煎目、最後にまたスパイス感が戻ってくる。甘いものと合わせるとよりスパイスが引き立つ

こちらのページでご紹介した商品

関連記事