4,000円以上で送料無料!平日9時までの注文で当日出荷。金(9時以降)~日祝は翌営業日発送。

シンプルの中に光る存在感。入江佑子「flat bowl」

2022年09月16日

by 井原優花

煎茶堂東京ディレクター北海道生まれ。夜な夜なキッチンにあかりを灯す。愛読書は「「限りなく少なく」豊かに生きる」と「ときをためる暮らし」。土いじりが好きです。

京都府で作陶する入江佑子さん。フォルムや風合いが自然界を思わせるやさしく個性的な器は、一目見ると魅了されてしまいます。

今回は、そんな入江佑子さんの作品「flat bowl」の魅力やおすすめの使い方をお伝えします。

販売開始:2022年9月21日(水)8時

入江佑子「flat bowl」

かもめが羽を広げて飛んでいるかのようにリムが長く、外側に向かうにしたがい、ほんのり弓形に広がっています。ボウル部分はしっかり深さがあり、リムは大きく平坦な形です。「flat bowl」。素敵なネーミングですね。

フルーツや生クリームを盛りつけて、デザートボウルとしてもとても可愛い「flat bowl」。パンプキンスープやボルシチなど汁物も上品に盛りつけられます。ルッコラと生ハムでシンプルなサラダを盛りつけても◎。

個性的な形なので用途を選ぶかと思いきや、実は使い勝手がいいんです。

自然界からのインスピレーションを大切にされているという入江さん。五感で感じ、あまり触りすぎずに、土が動きたい形に作品を作っていくこともあるそうです。シンプルで個性的なモノづくりを目指して、puffy oval longのように砂を混ぜて作ることも。

裏面には、サインが一つ一つ手書きで刻まれています。手仕事ならではの絶妙な歪みが魅力のひとつです。

今回、「puffy oval long」「flat bowl」「cocotte S」の3種類が入荷しました。それぞれは個性的な形をしていますが、統一感があり、3種類揃えるのもオススメです。

販売開始:2022年9月21日(水)8時

フードスタイリスト・鈴木愛

2007年よりフードコーディネート、テーブルスタイリング、レシピ開発など活動中。​最近は、家族で小さな畑の野菜作りをはじめました。
公式サイト:https://www.odd.holiday

関連記事