4,000円以上で送料無料!平日9時までの注文で当日出荷。金(9時以降)~日祝は翌営業日発送。

〈 あの人の朝ごはん 〉020 母のサンドイッチプレート − アートディレクター・久能真理

2022年12月23日

by 煎茶堂東京編集部

朝ごはん。一日をスタートする日常的だけれどちょっと神秘的な時間。素敵に過ごせたらその日は絶対いい一日になるはず。

でも毎日立派な朝食の時間を取れないのが現実。ささっと1分で出来ちゃう簡単メシでも、時には贅沢に外に食べに行っても、昨日の夕ご飯の残りだって、立派な朝ごはん。

そういえば、素敵なあの人はどんな朝ごはんを食べているのだろう…?

今回は、グラフィックデザイナー /アートディレクターとして活躍する久能真理さんに聞いてみました。

母のサンドイッチプレート

子どもの頃、日曜日の朝ごはんが楽しみでした。というのも、日曜限定、母の特製サンドイッチプレートが待っていたからです。

定番のたまごサンドをはじめ、ハムチーズ、きゅうりとトマト、そしてクリームチーズと海苔なんて変わった組み合わせが並び、ホイップクリームに果物を挟んだフルーツサンドも欠かせません。たまにホットケーキの日もあって、「今日は何かな?」とどちらも楽しみでした。ちなみに、飲み物はポットに入った温かなミルクティーがわが家の定番です。

大人になった今も、サンドイッチは大好き。でも、自分で作るとありあわせのハムやチーズを挟んだような簡単なものばかり。母のあのサンドイッチプレートが時折恋しくなるのです。

久能真理(くのう・まり)

商品開発から、CI、パッケージデザイン、エディトリアルデザイン、webなど、幅広くアートディレクションを手がける。主な仕事に文具ブランド「grand jeté」(マルマン)立ち上げ、漢方薬局「意一堂中醫診所」リブランディングなど。 HP : kunou-mari.com

関連記事