4,000円以上で送料無料!平日9時までの注文で当日出荷。金(9時以降)~日祝は翌営業日発送。

二十四節気カレンダー「夏至」

2022年06月17日

by 煎茶堂東京編集部

夏至(げし)6月21日(火)〜7月6日(水)頃

夏至|Geshi

夏至(げし)とは、北半球で昼が最も長くなる日のこと。気温が上がって草木が生い茂り、菖蒲の紫色の花が咲き始めます。中国語で「香魚」の漢字で表現される清流の女王「鮎」。藻類を食べて育つ鮎は塩焼きにして、その透明感ある香りを楽しむのが乙です。白いういろうの上に小豆をのせ、三角に切った和菓子「水無月」。京都では、夏越えの祓が行われる6月30日に、残り半年の無病息災を祈念して食べる風習があるようです。 


次の二十四節気は…

小暑(しょうしょ)7月7日(木)〜7月22日(金)頃

季節のお茶

関連記事