「ジュニパーベリーティー」の急冷茶レシピ。マンゴータルトで真夏のおやつ時間

2021年08月17日

by 神まどか

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー 青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

ジュニパーベリーは、蒸留酒「ジン」の香りづけに使われるスパイスのこと。その清涼感のあるスパイシーな香りと味わいは、真夏の暑さをクールダウンさせてくれそう。 このジュニパーベリーを、やわらかい香りと甘味の「おくみどり」とブレンドした「ジュニパーベリーティー」。 ここに合わせるスイーツは、マンゴーなど濃厚な甘味の夏らしいフルーツがおすすめ。お茶のやさしい味わいとジュニパーベリーの香りが、南国らしいマンゴーの後味をすっきりとさわやかにしてくれます。

「ジュニパーベリーティー」の急冷茶レシピ。マンゴータルトで真夏のおやつ時間

とろみのある口当たりと華やかな香り。どこかしっとりとした印象のある「おくみどり」ですが、インパクトのある香りのジュニパーベリーと合わせても、その優しい佇まいがしっかりと感じられます。

真夏の午後のティータイムにぴったりの、少し贅沢な気分になれるリフレッシュティーをお楽しみください。

<材料>

茶葉「ジュニパーベリーティー」4g
お湯(一煎目)80℃ 100ml
お湯(二煎目)80℃ 50ml
ロックアイス 適量

<つくりかた>

【1】一煎目を急冷する

急須に茶葉を入れ、80℃のお湯100mlを注ぎ、1分間蒸らします。ロックアイスを入れたガラスサーバーに注いでステアで急冷を。

【2】二煎目を注ぎ足す

再び急須に80℃のお湯を50ml注ぎ、20秒蒸らしてからガラスサーバーに注ぎ足してステアしたら、完成!

ジュニパーベリーティーのピリリとした香りと口にした時の清涼感が、マンゴーのジューシーな甘みにピッタリ。スパイシーな香りがトロピカルな気分にさせてくれます。

使用した茶葉はこちら

他のレシピをみる

このレシピは「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.28に掲載されています。VOL.28のテーマ「光と色とガラス」の特集はこちらからご覧いただけます。

TOKYO TEA JOURNALを購読する

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」

バックナンバーをお求めの方はこちらのフォームよりお問い合わせください。

関連記事