【お菓子とお茶】バレンタインギフトに!RURU MARY’S「ショコラサブレ」と「037 つゆひかり 大山」のチョコペアリング

2021年01月18日

by 煎茶堂東京編集部

何となく、甘ったるいのが食べたくなる日はありませんか。特に疲れた日や、仕事でバタバタした日なんか、そういう気分になることが多い気がします。そんな時に癒される甘いお菓子と、煎茶堂東京のお茶をご紹介!

今回、韓国ソウル出身の煎茶堂東京李(り)が紹介するのは、RURU MARY’S(ルル メリー)の「ショコラサブレ」。

チョコにお茶?あまりイメージできない方もいると思いますが、実はなかなかいい組み合わせなんです。お茶とショコラサブレでバレンタイン気分を満喫してみましょう!

RURU MARY’S(ルル メリー)「ショコラサブレ」

“もっとおいしく、もっとたのしく。ゆったり流れる『縷々(ルル)』とした時間を芳醇なカカオの香りでお手伝いしたい”と掲げるRURU MARY’S(ルル メリー)は、創業66年の「メリーチョコレート」が2000年にスタートした、チョコメーカーならではのさまざまな商品を提供しているチョコレートブランドです。

ショコラタブレット、ショコラテリーヌなどいろんな商品がありますが、今回わたしが選んだのは「ショコラサブレ」。小さいボックスに入った2枚入(387円税込)は、手軽なギフトにもオススメです。
8枚、16枚、24枚のセットもあるので、予算や用途に合わせての購入も◎

かわいいパッケージに一目惚れ

青で縁取りがされた箱に、花の絵が描かれているパッケージデザインは、レトロでありながらモダンな印象。プレゼントしたくなる、自分でも欲しくなるカラフルな色味がとってもかわいくて一目惚れしました。

中には「マカダミアナッツ&ミルクチョコレート」と「ヘーゼルナッツ&スイートチョコレート」の2種類が入っています。早く味わいたいのですが、おいしいお菓子にはおいしいお茶を合わせたい! ということで、さあ、お茶時間です。

おうちで開催する、バレンタイン茶会

「ショコラサブレ」に合わせるのは、「037 つゆひかり 大山」。「037 つゆひかり 大山」は、一煎目と二煎目のお味や水色にギャップの大きいお茶です。

一煎目はすっきりとする味わいに、水色はすこしにごりのある黄金色。二煎目は太く渋みがありどっしりとしています。水色もかなり変化があり、深い緑色になります。

「ショコラサブレ」は、二煎目に合わせるのをオススメ。どっしりコクのある「037 つゆひかり 大山」の二煎目は、「ショコラサブレ」の甘みを柔らかく溶かしてくれます。

チョコの風味はより深く、お茶の渋みは口当たりをよりスッキリ、良いハーモニーを奏でます。その後立ち上がるナッツの香ばしさ…。きっと落ち着いた大人の風味が感じられます。

普段渋みのあるお茶が好きな私。こんなペアリングがとっても楽しい。
他に、シャープな渋みが特徴な「035 さきみどり彼杵」、爽やかな桜の香りと渋みが楽しめる「040 静7132」もオススメ!

大人も子どもも好きなチョコレート。 今年のバレンタインには、甘いチョコレートお菓子と温かいお茶で恋人とのお茶時間、または子どもたちとのおやつ時間をお楽しみください!

RURU MARY’Sの「ショコラサブレ」

商品名 ショコラサブレ
価格 2枚入 387円(税込)
販売期間 通年販売
販売場所 旗艦店 丸の内店 (メリーズ カフェ内)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-2 丸の内JPタワー1階

他、ショップリスト・オンライン
詳しくは公式サイトをご確認ください
営業時間 10:00〜22:00
URL https://www.mary.co.jp/mary/ruru/
こちらのページでご紹介した商品

関連記事