4,000円以上で送料無料!平日9時までの注文で当日出荷。金(9時以降)~日祝は翌営業日発送。

部屋に温かい雰囲気を取り入れて。部屋に飾りたい花 vol.021

2023年01月24日

by 煎茶堂東京編集部

「お茶を飲む空間を整える」。例えば茶道でも、客人へのおもてなしとして茶室内の掛け軸や器にこだわることがあります。自分の部屋を少しでも素敵にしたい時に、やっぱり手軽なのはお花を飾ること。

今回は、素敵な自宅の投稿が人気のshimadaさんが今部屋に飾りたいお花、そして整えた空間で飲むお茶についてご紹介します。

スズランのようなシルエット

今月選んだお花は、ユリ科の植物で、ベル状の花弁が揺れる姿が可愛らしいシルエットの「サンダーソニア」。サンダーソニアはほぼ1年中育てられている花だそうですが、色味もあるのか春らしいイメージ。

スズランにも形が似ているから、私の中でなんとなくそれも重なるのかもしれません。まだまだ寒い日が続く季節ですが、部屋の中に少しあたたかい雰囲気を取り入れたくて、こちらのお花にしてみました。

冬は気温が低い分、飾る場所に気をつけていればわりと長持ちしてくれるので、今の時期がいちばん切り花を楽しめる季節でもあります。

さて、いただいたお茶は “チャイ煎茶”

チャイ自体すごく好きで、冬になるとカフェで注文したり自身でスパイスを煮出して作ったりすることも。だけど、今回いただいた「チャイ煎茶」は、高知県の煎茶がベースなんだそう。煎茶のチャイって、一体……?

まずはそのまま。お茶の苦味は少なく(きび糖が加えられて、むしろ甘い)なんだか爽やかな感じ。今まで頂いたどのお茶とも違う、ほのかに香辛料も感じる不思議な体験です。

ミルクは少しずつ足して、ということで徐々に追加していきます。ミルクが加わると、一気にチャイっぽさが!

それでも普段飲むチャイとはまた違って、とても軽やか。どちらかと言うと濃厚なイメージのチャイですが、煎茶であることによって随分と爽やかな印象に。気分によってはくどいと感じる時もあるので、こんなチャイもいいかもしれません。わたしは、すごく好き。

本来紅茶を使うような飲み方にもこうして応用が出来るって、考えれば当たり前なのかもしれないけれどハッとさせられて、とても面白い。

今回選んだお茶

shimadaさん

インテリアや食べ物、漫画とバレーボールが好き。アメリカンコッカースパニエルの仔犬と一緒に生活中。ミッドセンチュリースタイルの自宅の写真が人気。Instagram:@a___bemi

関連記事