4,000円以上で送料無料!月~木15時まで注文で翌営業日、金~日祝は翌々営業日発送

わたしの茶道具〈MY TEA TOOL.〉10「村上雄一さんの ティーボウル&ソーサー」煎茶堂東京・東京茶寮デザイナー/神まどか

2021年02月16日

by 神まどか

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー 青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

お茶のある暮らしを楽しむうちについ増えてしまう茶道具たち。でもお気に入りの逸品があると、お茶はもっと楽しくなる。煎茶堂東京スタッフも、そんな愉悦にどっぷりつかってしまっている人ばかりです。そんな彼らの一番のお気に入り茶道具をご紹介します。

ティータイムの気分を
盛り上げる
英国スタイルの小さな器

FOOD FOR THOUGHT(フードフォーソート)で購入した、作家・村上雄一さんのティーボウル&ソーサー。茶器はいくつか持っているのですが、“ティータイム”という言葉にふさわしい、気分の上がる器を探していました。

このティーボウルは1750年頃のイギリス、ロイヤル・ウースター磁器の写しなのだとか。小ぶりなサイズ感は透明急須で2人分のお茶を淹れる時にぴったりです。

茶器は際限なく欲しくなるのが困りものですが、ピンときた器を手に収めた瞬間の、更にピンとくる感じを一度味わうと、もう……(笑)。

改めて“お気に入り”を認識すると、愛おしさが増しますね。「わたしの茶道具」は今回が最終回。次号からは、新連載「あの人の朝ごはん」が始まります。どうぞお楽しみに!

「わたしの茶道具」はTOKYO TEA JOURNALで連載中!

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」

関連記事