4,000円以上で送料無料!月~木15時まで注文で翌営業日、金~日祝は翌々営業日発送

ひとつの景色にすっと溶け込むような、不思議な懐っこさ。横山拓也「片口」

2022年05月06日

by 神まどか

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー 青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

岐阜県・多治見市で作陶する横山拓也(よこやま・たくや)さん。横山さんが作る作品には、思わずじいっと魅入ってしまう表情の美があります。煎茶との時間に是非使っていただきたいと思い、今回煎茶堂東京でのお取扱いが実現しました。

作家の個人ではなく作品を見て欲しいと話す横山さん。今回は、「片口」の魅力とおすすめの使い方をご紹介します。


販売開始:2022年5月11日(水)11時

ひとつの景色にすっと溶け込むような、不思議な懐っこさ

凛としていて、軽やかで、でも芯がどっしりとした出立ち。見れば見るほど、うっとりしてしまいます。

横山さんの作品の特徴である、表面のひび割れたような質感は、全体を重厚な雰囲気で包み込みます。ちょっと近寄りがたさを感じる人もいるかもしれませんが、そんなことはないんです。

現代のスタイリッシュなお部屋にも、山奥の小屋の中にあっても、ひとつの景色の中にすっと溶け込むような、不思議な懐っこさがあると感じています。

他の作品にも言えることですが、形状に対するひねりの効かせ方が絶妙な横山さんの器。

この片口はアウトラインが微かにくびれていて、きっと手の形に馴染むようにこの形にしたのかしら?と思うのですが、口もとの揺れたような切り方とのバランスがとても美しい。

小さな注ぎ口や、裏面も注目してもらいたいポイント。

心静かにお茶を飲みたい時にも、日本酒を嗜む夜にも、お花を一輪差しても素敵。

一点、横山さん曰く「お茶を飲んで茶渋がついていくとあまり綺麗な感じにならない」とのことで、内側にお茶などの色が染み込まないような加工をしていただいています。

お手入れが少し楽なので、よりたくさんの人におすすめ。きっと生活がより潤いのあるものになりますよ。


販売開始:2022年5月11日(水)11時

こちらのページでご紹介した商品

関連記事