4,000円以上で送料無料!月~木15時まで注文で翌営業日、金~日祝は翌々営業日発送

【あの人が、使うなら】作山窯のRinka 浅ボウル。「cope」林唯衣さんの3つの使いかた

2022年03月30日

by 神まどか

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー 青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」でもインタビューした、岐阜県土岐市で工房を構える「作山窯(さくざんがま)」。

4枚の花びらが重なったような「Rinka 浅ボウル」を、2021年12月熊本県でセレクトショップ「cope(コペ)」をオープンした林唯衣さんに使っていただきました。

小さな娘ちゃんと、旦那さんと3人家族の林さん。SNSでも、気持ちの良さそうな暮らしを投稿しているのがとても魅力的です。そんな日々の生活の中で、どのように使っていただけるのでしょうか。

再販開始:2022年3月30日(水)11時

自家製の豆乳ヨーグルトに
ぴったりのSサイズ

我が家の定番。自家製の豆乳ヨーグルトに何でもかんでも乗せちゃうやつ。今朝は作りたてのグラノーラとバナナを。楽ちんだけれど栄養もバッチリ摂れるって何よりの安心感です。

そんなメニューにぴったりなボウル。程よいサイズ感で娘もちょうど食べ切る量が入ります。

やさしい色の器に
自然の果物が映えるおやつの時間

夫と娘共作の鮮やかなジェラート。冷凍庫に眠っていた苺で作ったそうで。ありがたくいただきまーすとSサイズのボウルに盛り付けた途端、忍び寄る手。お嬢さんはもう食べたと聞きましたが、、。

娘曰くこのボウルは「おはなのおさら」。確かに確かに、そう見えてきた。可愛いおやつにぴったりの器です。

キャンドルとグリーンで
いつもと違うスタイルを

我が家のささやかなクリスマスを振り返る。手に取ったときにピンときて、Mサイズのボウルにキャンドルを。なかなか良い雰囲気に仕上がったなぁと自画自賛。

程よい深さと広さにもみの木がぴったり収まって、気持ち良さそう。縁の滑らかなウェーブがまた驚くほどによく合います。聖なる夜、柔らかな燈を包み込んでくれました。

セレクトショップ「cope」林ゆいさん

熊本県大津町でセレクトショップ「cope」を2021年12月オープン。林さんが実際に使ってみて良いと感じた、子どもの衣食住にまつわるアイテムなどを、展示・販売する。Instagram:@___cope_ / @yui_zzz

作山窯「Rinka 浅ボウル」

再販開始:2022年3月30日(水)11時

こちらのページでご紹介した商品

関連記事