4,000円以上で送料無料!月~木15時まで注文で翌営業日、金~日祝は翌々営業日発送

2月〜4月に販売する南裕基さんの木工作品をご紹介

2022年02月11日

by 神まどか

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー 青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

素敵な器があると、日々の生活がぐっと潤う。

今回は、2022年2月〜3月に販売開始する南裕基さんの器と、それぞれの販売開始日時をご紹介します。

2月16日(水)販売開始
豆皿としても箸置きとしても使える「茶托」

それぞれ使うほどに味わいが出てくる木の茶托。中国茶などの小さなカップに合わせて使うのはもちろん、お酒のアテや干菓子にもおすすめ。今回は楓、クルミ、黒の3つの色をご用意いただきました。

販売開始:2022年2月16日(水)11時

2月23日(水)販売開始
極限まで薄くした「茶さじ(しずく)」

縁がギリギリまで薄く削られ、シャープなシルエットが美しい茶さじ。木工の温かみを保ちながら描かれるカーブのなめらかさは特筆すべき魅力です。茶缶の中に入れたままにできる小ささなので、使いやすさも抜群ですよ。

販売開始:2022年2月23日(水)11時
商品ページは2月18日(金)公開予定です。

4月6日(水)販売開始
お茶の時間が引き締まる「隅切り盆」

「手仕事の風合いも残したいので、すごく綺麗なものを作りたいっていうよりは、綺麗でもありつつ、手で作ったあとが残るのが僕はいいと思っている」と話す南さん。

この「隅切り盆」は、まさに手仕事の風合いと美しさが同居している一品です。こだわりは縁の厚み。この厚みが1mm違うだけで全く違う雰囲気になるのだとか。

凛とした佇まいの一枚は、きっとお茶の時間を引き締めてくれるはずです。

販売開始:2022年4月6日(水)11時
商品ページは4月1日(金)公開予定です。

関連記事