割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
割れない「透明急須」
¥3,500

割れない「透明急須」

日本で急須が使われ始めた宝暦6年(1756年)以来、約260年ぶりとなるリデザインを目的に制作された、新たな日本茶の抽出器具「透明急須」。‍‍‍「究極にシンプルにお茶を淹れられる」ことをコンセプトに、現代のライフスタイルに合わせてデザインされた1人前サイズの急須です。‍‍‍


ガラスの‍‍‍ような透き通った本体は、特別な技術による極厚の樹脂で成形されています。

「割れない・熱くない・省スペース」が特徴です。
落としても割れる心配はありません。‍‍‍また、本体を持っても熱くなく、取っ手をなくすことができました。食器棚でかさばらず、積み重ねて収納も可能。普段使いの取り扱いやすさが追求されています。

ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する「Red Dot Award:Product Design 2018」を受賞しました。

3煎美味しくお茶を淹れるわかりやすい説明書付きです。

煎茶・玉露 対応 / 浅蒸し-中蒸し-深蒸し 対応/ 氷出し 対応 / 食器洗浄機使用可 / 漂白剤・アルコール使用可 / BPAフリー

原料樹脂 本体:飽和ポリエステル樹脂(トライタン) 茶こし : ステンレス、耐熱温度:100℃ 耐冷温度:-20℃

煎茶堂東京の茶葉を使った
様々なお茶のレシピ。
ご自分でも、お客様にお出しするのでも、
まずはこちらのレシピを。
甘くておいしい1煎目
すっきり渋い2煎目
お香ばしい玄米の3煎目。
どの茶葉もまずはこのレシピでOKです。

用意するもの

●お湯360ml (120ml 3杯分)
●茶葉4g
●透明急須

 一煎目

1

茶葉4gを急須に入れる

煎茶は4gで三煎まで淹れられます。
ご自分用に淹れるなら、大体の量の目安がつかめれば厳密に4g量らなくても良いと思います。
あまり難しく考えずに。

 

2

70℃のお湯をそそぐ

ご家庭での70℃の作り方1Lの沸騰したお湯に対して、冷蔵庫のキューブ氷3つで10℃下がります。ですので、沸騰させたら9個のキューブ氷を入れるとおよそ70℃程度まで下がります。想像していたよりも低い温度ではない‍‍‍でしょうか。

3

1分20秒待つ

茶葉の開いていく様子、立ち上る香気を楽しみながら待ちましょう。‍‍‍茶葉は1分20秒で6割ほど開きます。

4

カップにゆっくりとそそぐ

蓋をして、ゆっくりと傾けるようにして、最後まで注ぎきります。このとき、注ぎはじめは味が薄く‍‍‍、あとが濃くなるので、ひとつの湯のみに注ぎ切るのが良いでしょう。複数の湯のみに注ぐ場合は、味わいが一定になるように注ぎ分けましょう。

蓋をずらして熱を逃がす

二煎目、三煎目を淹れるまで、茶葉の熱を逃がすために蓋を開けておくと、渋み・‍‍‍エグみがでにくく、美味しく淹れられるようになります。

二煎目

80度のお湯を注ぐ

二煎目はすでに茶葉が開いているため、お湯を注いだら10秒で抽出完了です。‍‍‍二煎目は、一煎目よりも温度を上げるのがポイント。80℃以上のお湯で淹れることで、渋み・苦味の成分であるカフェイン・カテキンが抽出され、すっきりと渋みのあるお茶らしい味わいになります。

食事やお茶菓子に合わせるなら二煎目がぴったりです。二煎目を注ぐと、茶葉は完全に広がります。

 

三煎目

玄米をあとのせして「玄米茶」に

三煎目で玄米を「あとのせ」して玄米茶に。玄米の量はティースプーン2杯が目安です。お湯は85℃〜90℃がおすすめ。お湯を注いで15秒待ったら完成です。三煎目に玄米を加えることで、お茶の個性をきちんと味わったうえで三煎目まで変化を付けていただくことができます。‍‍‍‍‍‍

 

 

こちらのレシピもオススメ

水出しのレシピ

煎茶堂東京の茶葉を使った
様々なお茶のレシピ。
夏の暑い日や
作り置いておきたい時は
このレシピがオススメ。
水でじっくり抽出すると
渋みがほとんど出ないので
あまくて後味さっぱりなお茶ができます。

 

水出しの基本のレシピ

 

用意するもの

●水1L
●茶葉25g
●ボトル1本

 

 

1

ボトルに、
水1L→茶葉25gの順で入れる

仕上がったあとに濃ければ水を足して調節することも可能です。

 

2

冷蔵庫の中でひと晩(3時間以上)置く

冷蔵庫の温度は低すぎない3〜5℃程度が適温です。3時間から8時間程度で抽出を終えましょう。

3

茶こしを使って茶葉を濾し、
冷蔵庫で保存する

出来上がった水出し茶は、当日中にお飲みください。
水出し茶をあたためて飲むのもオススメ。最初からお湯で淹れるよりも、後味のスッキリなお茶が楽しめます。

 

水出しにオススメの茶葉

 

016 むさしかおり
ボタニカルな香りがする品種。
味はさっぱりで爽快なので、
夏バテ時にも飲みやすいお茶。

 

023 ゆめかおり
水で抽出すると出る、
心地良い苦味が特徴的。
この苦味は食事に合わせやすい。

基本のレシピ

煎茶堂東京の茶葉を使った
様々なお茶のレシピ。
ご自分でも、お客様にお出しするのでも、
まずはこちらのレシピを。
甘くておいしい1煎目
すっきり渋い2煎目
お香ばしい玄米の3煎目。
どの茶葉もまずはこのレシピでOKです。

用意するもの

●お湯360ml (120ml 3杯分)
●茶葉4g
●透明急須

 一煎目

1

茶葉4gを急須に入れる

煎茶は4gで三煎まで淹れられます。
ご自分用に淹れるなら、大体の量の目安がつかめれば厳密に4g量らなくても良いと思います。
あまり難しく考えずに。

 

2

70℃のお湯をそそぐ

ご家庭での70℃の作り方1Lの沸騰したお湯に対して、冷蔵庫のキューブ氷3つで10℃下がります。ですので、沸騰させたら9個のキューブ氷を入れるとおよそ70℃程度まで下がります。想像していたよりも低い温度ではない‍‍‍でしょうか。

3

1分20秒待つ

茶葉の開いていく様子、立ち上る香気を楽しみながら待ちましょう。‍‍‍茶葉は1分20秒で6割ほど開きます。

4

カップにゆっくりとそそぐ

蓋をして、ゆっくりと傾けるようにして、最後まで注ぎきります。このとき、注ぎはじめは味が薄く‍‍‍、あとが濃くなるので、ひとつの湯のみに注ぎ切るのが良いでしょう。複数の湯のみに注ぐ場合は、味わいが一定になるように注ぎ分けましょう。

蓋をずらして熱を逃がす

二煎目、三煎目を淹れるまで、茶葉の熱を逃がすために蓋を開けておくと、渋み・‍‍‍エグみがでにくく、美味しく淹れられるようになります。

二煎目

80度のお湯を注ぐ

二煎目はすでに茶葉が開いているため、お湯を注いだら10秒で抽出完了です。‍‍‍二煎目は、一煎目よりも温度を上げるのがポイント。80℃以上のお湯で淹れることで、渋み・苦味の成分であるカフェイン・カテキンが抽出され、すっきりと渋みのあるお茶らしい味わいになります。

食事やお茶菓子に合わせるなら二煎目がぴったりです。二煎目を注ぐと、茶葉は完全に広がります。

 

三煎目

玄米をあとのせして「玄米茶」に

三煎目で玄米を「あとのせ」して玄米茶に。玄米の量はティースプーン2杯が目安です。お湯は85℃〜90℃がおすすめ。お湯を注いで15秒待ったら完成です。三煎目に玄米を加えることで、お茶の個性をきちんと味わったうえで三煎目まで変化を付けていただくことができます。‍‍‍‍‍‍

 

 

こちらのレシピもオススメ

水出しのレシピ

水出しのレシピ

煎茶堂東京の茶葉を使った
様々なお茶のレシピ。
夏の暑い日や
作り置いておきたい時は
このレシピがオススメ。
水でじっくり抽出すると
渋みがほとんど出ないので
あまくて後味さっぱりなお茶ができます。

 

水出しの基本のレシピ

 

用意するもの

●水1L
●茶葉25g
●ボトル1本

 

 

1

ボトルに、
水1L→茶葉25gの順で入れる

仕上がったあとに濃ければ水を足して調節することも可能です。

 

2

冷蔵庫の中でひと晩(3時間以上)置く

冷蔵庫の温度は低すぎない3〜5℃程度が適温です。3時間から8時間程度で抽出を終えましょう。

3

茶こしを使って茶葉を濾し、
冷蔵庫で保存する

出来上がった水出し茶は、当日中にお飲みください。
水出し茶をあたためて飲むのもオススメ。最初からお湯で淹れるよりも、後味のスッキリなお茶が楽しめます。

 

水出しにオススメの茶葉

 

016 むさしかおり
ボタニカルな香りがする品種。
味はさっぱりで爽快なので、
夏バテ時にも飲みやすいお茶。

 

023 ゆめかおり
水で抽出すると出る、
心地良い苦味が特徴的。
この苦味は食事に合わせやすい。