4,000円以上で送料無料!月~木15時まで注文で翌営業日、金~日祝は翌々営業日発送

ありのままで美しい野花が揃う。銀座・野の花 司 部屋に飾りたい花 vol.012

2022年04月07日

by 煎茶堂東京編集部

「お茶を飲む空間を整える」。例えば茶道でも、客人へのおもてなしとして茶室内の掛け軸や器にこだわることがあります。自分の部屋を少しでも素敵にしたい時に、やっぱり手軽なのはお花を飾ること。

今回は、デザイナー、映像・写真のプロップスタイリストとして活動するYUMI KUROTANIさんがお気に入りのお花屋さんと、今部屋に飾りたいお花、そしてお花に合わせて飲みたいお茶をご紹介します。

銀座の「野の花 司」

銀座の中央通りから一本裏手に構える野花と茶花の専門店「野の花司」。自生する枝ものや花が日本各地から届きます。

大切な人へ和の花を贈りたいとき、粋な枝ものや野花を生けたいときなど、社会人になってからずっと通っているお店です。

店内は静かで、優しく素朴な野花や、穴や欠けができた葉、伸びやかにうねる枝ものなど、ありのままで美しい花が並んでいます。

店員さんは、少ない言葉で静かに語ってくれる、ここの花のように奥ゆかしい方でした。

「野の花 司」のお花を見ていると、〈 Less is more. 〉という言葉が浮かびます。
減らすというより、より洗練させて豊かに絞り込むことを意識して何度も作り、時間をかけて花を組みました。

野花と冬ならではの“枝もの”で影も美しい

最終的に決めたのは、グリーンの小さな花が咲く「あぶらちゃん」という名前の枝、そして可憐な野花で淡い紫色の「姫ひおうぎずいせん(ラペイロージャー)」。
うねった枝ものの硬い曲線と、野花の柔らかい直線が心地よく響き合います。

枝ものと花って意外と相性がいい、そう思っています。

花を買ったあと、2階の『茶房野の花司』へ。森の茶房という展示中で、春らしい花が活けてあります。お茶をすると、小さな雪柳が器にのっていて、帰りに持ち帰れるよう包んでくれました。

自宅に戻り、お気に入りの花器に生けます。影も素敵。

花器はイギリスの建築家集団ASSEMBLEが資生堂ギャラリーで行ったワークショップに参加した時に作ったもの。質感と重みが枝ものにぴったり。

お店で時間をかけて花を決めたけれど、偶然もらった小さな雪柳も合わせると少し遊びがあってかわいいかも、と思い、一緒に生けました。

整えた空間で飲むお茶の味わい

枝ものを部屋に飾るのが好きです。自然で生き生きとした自由なフォルムが空間に躍動感を与えてくれます。

この花に合わせるのは、鹿児島県のお茶「036 みなみかおり」。透明感のある⻩金色が美しい。あぶらちゃんと姫ひおうぎずいせんを眺め、「野の花 司」で出会った、あの奥ゆかしい店員さんを思い出しながら一口飲みました。茶葉本来の渋みと上品な香りが広がります。

飾ったお花とアロマのような優しいお茶の香りが安ぎを与えてくれて、その空間がより心地よい、幸せな時間となりました。
来月のお花屋さん、そして部屋に飾るお花とお茶も今からとても楽しみです。

銀座「野の花 司」

所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座3-7-21
電話番号 03-3535-6929
営業時間 10:00-19:00
年末年始は休業
URL http://www.nonohana-tsukasa.com/

デザイナー・プロップスタイリスト
YUMI KUROTANIさん

多摩美術大学環境デザイン学科インテリアデザイン専攻卒業。在学中にフィンランドへ留学、アールト大学芸術デザイン学部ファニチャーデザイン・テキスタイルデザイン専攻。現在はVMD・ウィンドーディスプレーなどのデザイナーとして資生堂に在籍。その傍ら、映像や写真のプロップスタイリストとしても活動している。Instagram:@yumi.kurotani
こちらのページでご紹介した商品

関連記事