「落語で「人間」が好きになる」TTJ VOL.21 - TTJオンライン座談会2021年1月レポート

2021年01月25日

by 煎茶堂東京編集部

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」購読者限定で開催している「TTJオンライン座談会」は、TTJ本誌で特集ごとのゲストをお呼びして、読者の方々と、本誌では書ききれなかった内容や情報を語り合っています。

TTJ付属のお茶を飲みながら。お菓子を食べながら。新しい発見ができる約1時間です。

今回は、2021年1月に開催された「TTJオンライン座談会」のレポートをお届けします。

TOKYO TEA JOURNAL VOL.21「落語で「人間」が好きになる」

2020年12月に発行されたVOL.21は、「落語」特集。落語家・立川吉笑(たてかわ・きっしょう)さんにインタビューをし、落語が300年以上も愛され続ける理由とこれからの落語についてお話いただきました。

落語は娯楽。お茶を飲みながら落語について語る

当日は、お茶を準備してスタンバイ。VOL.22に付属されているのは、「010 ふくみどり」と、JR九州とのコラボ茶葉「053 はると34」。黒の袋に金の箔押しというかなり目を引くパッケージなんです。

落語の世界ってどんな世界?

座談会では、主に参加者の皆さんから事前にいただいた質問に、吉笑さんからお答えいただく形で進みました。

「なぜ落語家になろうと思ったのか?」という質問に対しては、「落語家は年齢を重ねるごとに味の出る仕事。他になかなかそういうお仕事ってなくて、お笑いもそうだけど若い方がフレッシュだし反応も速いし重宝されるけど、落語家はそういう意味で未来がある。そんな部分が決め手のひとつでした。」とのこと。

また、「改めて立川流ってどういう立ち位置なの?」「伝統芸能と落語の距離を立川流の視点で見ると?」など、落語のキホンも教えていただきました。

参加者の中には、落語ファンの方もちらほら。(今回、吉笑さん目当てでTTJに登録してくださった方も多かったです!ありがとうございます!)

そんな落語ファン・吉笑ファンの方からの面白い質問と吉笑さんの回答をひとつ、ご紹介します。

「落語の漫才化を指摘・危惧されていらっしゃった2015年末に出版の『現在落語論』から5年経ち、今、落語はどのような道にあると思われますか?」

吉笑さん「落語会って本当稀有なジャンルで。キホン的にバイトしなくても食べていける。仲間内の師匠弟子、先輩後輩のちっちゃい経済圏があって、お互い助け合っていくような感じなんです。でもそういう世界が漫才化しちゃったら、今のNSCみたいな専門学校ができてしまったら。……徒弟制度が破綻して、資本主義の、才能があれば落語家になれるっていうルートが別で出来ちゃう。今は、まだそういう世界になっていないかなと。落語って市場規模が狭いですから。そこまでコストかけないんでしょうね。でも今はエンタメが細分化してきていて、アイドルとか声優さんが落語してたりしますよね。落語って文脈を繋いでいくような部分があるので、手法違うなぁって思ったりするんですけど、ファンがいるからその量で負けちゃうってところもある……今、本当に過渡期だなって思ってます。」



最後の10分間では、今新しく作っている新作落語のネタのお話や、「吉笑さん、お好きな色は?!」「差し入れで何をもらったら嬉しいですか?」「足のサイズなんですか?」など、吉笑さんの細かいプロフィールを知ることができる質問が飛び交いました(笑)

ちなみに、差し入れについては「本当にお持ちいただかなくてOKで、よくうちの師匠が言うのは、来ていただけるだけで嬉しくて、じゃあお友達を連れて聞きに来てくださいね、と答えてます。」だそうです。

食い下がって聞くと、「甘いのを頂くのが多いから、しょっぱいものがあると嬉しいなぁ。ビーフジャーキーとか(笑)ビーフジャーキーなんでだろう?とか考えちゃうけど。コーヒーとか飲み物系とか……いや、でも本当に手ブラで来て欲しいです!落語家全般そうだと思います。」とのこと。

落語で「人間」が好きになる

座談会終了後、参加者の方にアンケートで感想を頂きました。


・お寿司屋さんでの修行についての言及で、「修行を通して学ぶことは技術だけではなく、価値観を身につけること」とおっしゃっていたことが印象に残りました。
・普段聞けない業界の裏話的なことが聞けたのが良かった!
・座談会に出てから改めて紙面を読むと、この言葉の奥にはあんな意味があったんだなと、より深く理解できて楽しめました。
・色々と深く感銘できるお話を伺え、1時間があっという間でした!
・ホストの3名の方のキャラが立っていて好きです!オンライン開催中もzoomのチャットが盛り上がっていてよかった!
・やっぱり顔も見えるし、ホスト役の方々が聴き役に徹してくれてゲストの方が一番話してくれたのが嬉しかったです。
・吉笑さんの為人がわかって、是非生落語聞きたくなったところ!

TTJオンライン座談会に参加するには?

TTJオンライン座談会は、お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」購読者限定のオンラインイベントです。TTJを購読頂いている皆さまには、毎回募集メールを配信しております。その他、メールに記載しております、LINEのオープンチャットにご参加いただいている方には優先的に募集開始のご連絡をしておりますので、ご参加をお待ちしております。

TOKYO TEA JOURNALを購読する

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」