「アールグレイティー」でおとめチックお茶会!お茶会にぴったりのレシピ

2021年10月27日

by 煎茶堂東京編集部

70〜80年代の少女漫画に登場するお茶といえば、やっぱり紅茶。噂話や恋の話、悩みを打ち明けるとき、女の子たちの前にあるのは香り高い紅茶に、クッキーなどの小さなお菓子。

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.30「お茶と漫画」では、漫画にお茶が登場するときの効果や、お茶が出てくる漫画などを紹介しました。

今回は、「少女漫画」のシーンにありそうなイラストとともに、お茶のレシピをご紹介。煎茶堂東京で販売している「アールグレイティー」は、紅茶の定番フレーバーであるアールグレイに使用しているベルガモットを、上品な飲み口が特徴の「さえみどり」とブレンドしたもの。

柑橘のさわやかさと、フローラルの華やかさをあわせ持つベルガモットで香りをつけたアールグレイ。少女漫画のワンシーンを気取ったお茶会にぴったりの一杯です。

「アールグレイティー」でおとめチックお茶会

濃厚な旨味が特徴の「さえみどり」がアールグレイの香りを受け止めて、華やかな味わいに。シンプルなレシピですが、丁寧に淹れることで味も香りもぐっと引き立ってくれます。

材料

 

  • 茶葉「アールグレイティー」4g

  • お湯(一煎目)80℃ 120ml

  • お湯(二煎目)80℃ 120ml
  • 淹れかた

    【1】カップを温め、一煎目を淹れる

    沸騰させたお湯をカップに注ぎ、カップを温めます。80℃まで冷ましてから、急須に茶葉とお湯120㎖を注ぎ、1分間蒸らします。


    【2】二煎目を淹れる

    カップのお湯を捨て、お茶を注ぎ分けます。80℃のお湯120㎖を急須に注ぎ10秒蒸らしてから、カップに注ぎ足して、完成。

    インタビューに答えてくれた福田里香さんのフード理論によれば、「お茶を飲むのはひと休みの合図」。香りよく、リラックス効果もあるアールグレイのブレンド茶は、まさにひと息入れたいときに飲んでほしいお茶です。

    九州のシラス台地で手間をかけて育てられた「さえみどり」は、和菓子にも洋菓子にもよく合う優しい旨味を持っていますが、花の香り漂うアールグレイとのブレンドティーなら、シンプルなクッキーのお茶会も、ぐっと華やかにしてくれるはずです。


    このレシピはお茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.30に収録されています。

    関連記事