4,000円以上で送料無料!月~木15時まで注文で翌営業日、金~日祝は翌々営業日発送

お皿が引き締まる、使いやすい菓子切り。三輪周太郎「銀製菓子切り先広四寸12cm」

2022年03月04日

by 神まどか

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー 青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

煎茶堂東京オンラインで新しく取り扱うこととなった、銀細工作家・三輪周太郎さんのカトラリー。ひとつひとつ手で叩かれて形取られて作られる銀製のカトラリーは、小さくて扱いやすい。繊細な和菓子を食べるときにもぴったりです。

今回は、その魅力と実際に使ってみた雰囲気を写真と共にお伝えします。

販売開始:2022年3月9日(水)11時

三輪周太郎さんについて

三輪周太郎「銀製菓子切り先広四寸12cm」

銀製菓子切り先広四寸12cm 3,960円(税込)

いつも、生菓子を買いに行っているお気に入りの和菓子屋さんがあります。以前、取材させていただいてから大好きになり、近くに行くとその季節がきゅっと詰め込まれたようなお菓子にうっとりして、自宅で味わっています。

秋は柿を模したもの。2月の終わりに買いに行ったら、梅の花の形をしたものが。説明を聞くと、ゆかりが入ってあまじょっぱいんですよ、と。草餅と一緒に買って、その風味の豊かさを味わいました。

でも、我が家にはスイーツ用のフォークしかありません。いつも素敵な生菓子を目の前にしては、いい菓子切りがないかなぁと「物足りなさ」を感じていました。フォークでも食べれないことはないけれど、きれいに切れないし求肥を使ったものはもっと食べづらい。

三輪周太郎(みわ・しゅうたろう)さんの作る銀製カトラリーは小さくて和菓子にぴったり。シンプルでかわいらしい印象がありますが、ディテールをよくよく見るとその仕事の丁寧さに驚かされます。

高校生の時に、お父様が趣味で作っていた彫金の道具を譲り受けたところから、三輪さんの銀細工人生がスタートします。まずはアクセサリーから作りはじめ、カトラリーやお皿などに幅を広げていきます。

実は、この「銀製菓子切り先広四寸12cm」は初めてデザインして作ったカトラリーなのだそう。薄く叩かれた面で切るので切れ味が抜群です。

お皿が引き締まる、使いやすい菓子切り

フードスタイリスト・鈴木愛さんが用意してくれたのは、豆大福。おいしい豆大福は、そのままかじりつくのも幸せです。でも、こんなに切れ味のいい菓子切りがあるのだからぜひ割って食べてほしい。

ゆっくりお茶を淹れて、豆大福を袋からお皿にうつして、菓子切りで半分に割っていただきます。

洋菓子でちょっとおしゃまに過ごしたいときにも、選んでほしい一品です。今回、撮影の現場でフルーツケーキを切ってみたら、一同「切りやすい!」とひと盛り上がり。

小さくて薄いから場所も取らずに、家族分揃えることもできますよ。

お皿にのせると一気に引き締まる不思議な魅力がある「銀製菓子切り先広四寸12cm」。お取り寄せスイーツや季節の和菓子など、とっておきのおやつのお供に添えてみてくださいね。


販売開始:2022年3月9日(水)11時

スタイリング:
フードスタイリスト・鈴木愛

2007年よりフードコーディネート、テーブルスタイリング、レシピ開発など活動中。​最近は、家族で小さな畑の野菜作りをはじめました。
公式サイト:https://www.odd.holiday

こちらのページでご紹介した商品

関連記事