4,000円以上で送料無料!月~木15時まで注文で翌営業日、金~日祝は翌々営業日発送

「020 さえみどり」とぶりの照り焼きを味わうレシピ

2022年01月21日

by 煎茶堂東京編集部

一年でもっとも寒さが厳しくなる大寒。心からほっと温まりたい季節にお送りするのは、煎茶らしい豊かな味わいの「020 さえみどり」。香り、甘味、旨味、すべてにおいてバランスがよく、まさに王道のおいしさのお茶です。

おすすめは、旬のぶりを使った照り焼きとのペアリング。ぶりの旨味と甘味、焦げたしょうゆのほんの少しの渋み。そこに海苔を思わせるさえみどりの濃厚な旨味が重なることで、奥深く複雑な味わいへと変化。

冬ならではの濃厚なおいしさをお楽しみください。

「020 さえみどり」とぶりの照り焼き

まずは一煎目でお茶の味を堪能。 二煎目で、食事との組み合わせの妙を楽しんで。 三煎目を飲むなら、さっと抽出ですっきりと。

用意するもの

  • 茶葉「020 さえみどり」4g

  • お湯(一煎目)80℃ 100㎖

  • お湯(二煎目)85℃ 85㎖
  • 淹れかた

    【1】一煎目を淹れる

    急須に入れた茶葉に80℃のお湯100㎖を注ぎ、45秒蒸らしてから湯呑みに注ぎます。

    【2】まずは、ひと口味わう

    ひと口飲んで一煎目の味わいを感じましょう。

    【3】二煎目を淹れる

    急須に85℃のお湯80㎖を注ぎ、10秒蒸らしてから湯呑みに注ぎ足します。三煎目を飲む場合は、85℃のお湯100㎖を15秒蒸らしてから湯呑みへ。

    TEA TALK

    しっかり、どっしりとした旨味で、しょうゆなど強い味のものと合わせても負けない「020 さえみどり」。香りが高く、水色も鮮やかで、味・香り・見た目、すべてで楽しめる一級品です。

    煎茶のおいしさを知りたいなら、まずは飲んでほしい逸品。後味も上品で、手土産にもぴったりですよ。

    使用した器

    こちらのページでご紹介した商品

    関連記事