後味にしっかりとシナモンのような繊細な香りが残る。024香駿雁金

2019年07月03日

by 煎茶堂東京編集部

現在、煎茶堂東京・東京茶寮で提供されている、シングルオリジン煎茶「024 香駿雁金」をご紹介します。

024 香駿雁金

静岡県外の香駿雁金なんて‍‍‍滅多にお目にかかれない。
後味にしっかりとシナモンのような繊細な香りが残る。

‍‍‍甘味:★★★ 苦味:★★ 旨味:★

鮮やかなイエローの茎が映える雁金の香駿。茎のさっぱりとした味わいが特徴‍‍‍的。しっかりと火が入った香ばしさがインパクト大で、あとから香駿のシナモン感が追ってくる元気いっぱいのお茶。高めの湯温で淹れてガツンとしたキャラクターを楽しんでいただきたい。

滋賀「朝宮」カネヨの皆さん

合組 『香駿』シングルオリジン
産地 滋賀県「朝宮」
農園 カネヨ(北田 与志照)
標高 315m
蒸し 浅蒸し
火入れ ‍‍‍85℃ 3‍‍‍0min
来歴 ♂:かなやみどり
♀:くらさわ
農林水産省 品種登録年 未登録
種苗法 品種登録年 2000年
早晩性 中生
品種の特性 品種の名前にも「香」がつくように、爽やかな香りが特徴。
命名の由来 茶処の駿河(静岡)で育成され、特徴ある香りに重点を置いたブランド名になることから。

茶葉

水色

レーダチャート

このお茶を飲んでみる