‍‍‍和食・白米と合わせれば極上である。023ゆめかおり

2019年05月31日

by 煎茶堂東京編集部

現在、煎茶堂東京・東京茶寮で提供されている、シングルオリジン煎茶「023 ゆめかおり」をご紹介します。

023 ゆめかおり

バランスの取れた甘味と渋味のあとに煎茶のフレッシュさが香る。
‍‍‍和食・白米と合わせれば極上である。

‍‍‍甘味:★★ 苦味:★★★ 旨味:★

口の中に広がる甘みと渋みのハーモニー、後味に鼻腔に香る花香。品種名の可愛らしさはいわずも‍‍がな、実に品行方正な味わいで楽しませてくれるお茶。1煎目、2煎目を通して深いコクがあり、穀物・米のようなフレーバーが感じられる。‍‍‍

鹿児島「川辺」ビオ・ファームの田中圭太郎さん。

合組 『ゆめかおり』シングルオリジン
産地 鹿児島県「川辺」
農園 ビオ・ファーム(田中 圭太郎)
標高 135m
蒸し 深蒸し
火入れ 104℃ 13‍‍‍min
来歴 ♂:宮崎8号
♀:さやまかおり
農林水産省 品種登録年 2006年
種苗法 品種登録年 未登録
早晩性 早生
品種の特性 品質はやぶきたと同等。萎凋(摘採後、萎れさせる工程)させることで華やかな花香が発生する。
命名の由来 日本で初めての害虫抵抗性品種であり、農薬使用量を削減できるなど、夢のようであることにちなんで。

茶葉

水色

レーダチャート

このお茶を飲んでみる

ペアリングお茶菓子

関連記事