馬蹄の跡に植えられ発祥した宇治茶。013駒影

2019年04月22日

by 煎茶堂東京編集部

現在、煎茶堂東京・東京茶寮で提供されている、シングルオリジン煎茶「013 駒影」をご紹介します。

013 駒影

馬蹄の跡に植えられ発祥した宇治茶。起源とも言える
‍‍‍その場所‍‍‍から選抜。椎茸の出汁のような滋味に富む。

‍‍‍甘味:★★ 苦味:★★ 旨味:★‍‍‍★‍‍‍

宇治茶の起こりとして石碑に刻まれた伝説的な逸話を持つ品種で、柔らかく優しい旨味が特徴。椎茸の出汁を使った滋味あふれる精進料理のような印象で、茶の歴史に想いを馳せるにこれ以上ないストーリーと味のマッチングを魅せてくれる。‍‍‍

合組 『こまかげ』シングルオリジン
産地 奈良県「水間」
農園 テクノグリーン(神岡 賢治)‍‍‍
標高 456m
蒸し 浅蒸し
火入れ 97℃ 10min
来歴 宇治在来種から選抜
農林水産省 品種登録年 未登録
種苗法 品種登録年 未登録
早晩性 中晩生
品種の特性 玉露としての品質が優秀であり、煎茶にも向いている。
命名の由来 京都府宇治市の黄檗山万福寺にある「駒の蹄影」の碑に最も近い茶園から選抜されたことに由来。

茶葉

水色

レーダチャート

このお茶を飲んでみる

ペアリングお茶菓子