急須の中で開いて、蒸した状態の茶葉に戻るじゃないですか。1枚ずつ開いていくお茶をつくりたい。

京都の最南部で唯一の村。煎茶の産地として有名な和束町からさらに奥地に車を走らせてゆくと「童仙房」へたどり着いた。この取材は2018年の夏の取材時の映像と、その翌年2019年の収穫翌日の映像を収録している。定期的に、そして継続的に足を運ぶことでみえてくる本当の姿やメッセージを感じることができた。


★映像は下の画像をタップしてご覧ください。

Video

これは2019年5月下旬。刈ったあとの「かなやみどり」だ。まだ青々と新芽が残っているのが見える。刈るときに新芽の、その中でも柔らかい先っぽの部分だけを贅沢に刈り取って使ってくれていたのだ。もう一回お茶が作れるほどに残っている。「東京茶寮・煎茶堂東京さんのために良いお茶作ろうと思って」と柚木さん。あぁ、なんてこったい。通常の取引だとこんなことはまず起こり得ない。良いお茶を、良いと思える人に届ける。もう良いお茶を作ってくれる人がいるのだから、あとは自分たちがやるだけ。背筋が伸びる思いがした。

そして、これが前日に収穫して仕上がったばかりのかなやみどりの荒茶。定期便でお届けしたのは2017年収穫のもので、こちらは収穫年度が変わって2019年の新茶だ。まだこれから仕上げていくわけだが、2017年の茶葉がそろそろ売り切れてしまうので、ちょうど入れ替わりで登場する。こちらもご期待ください。(入荷はインスタグラムにて告知)

022 KANAYAMIDORI かなやみどり (30g)

022 香 「KANAYAMIDORI かなやみどり」

京都南部の山の頂から雲海を見下ろす秘境童仙房。高めの湯温で淹れ、立ち昇る格別の香気を味わうべし。

甘味:★ 苦味:★★★ 旨味:★


『022 かなやみどり』味わいと香りは?

 

『022 かなやみどり』は香り高いお茶です。しっかりとした苦味とコクがあり、ミルキーな香りは一口飲むと心をほどきます。

煎茶堂東京のお茶の中では、苦味の方に位置づけられるお茶なので、苦味のあるお茶がお好きな方に飲んでいただきたいお茶です。

 

おすすめのレシピ

 

80℃120mlのお湯を60秒。さっと抽出するのがおすすめです。そうすることで、『022 かなやみどり』のミルキーな香りが引き出されます。急須の蓋を開けて、茶葉から立ち上る香気を楽しむのが醍醐味。

 

何と合わせる?

 

ミルキーな香りにはミルキーなものを。バニラアイスやココナッツミルクとの相性が◎硬めのアイスをあえて少し時間を置いて柔らかくし、舌の上で溶け広がるのを楽しむのがおすすめ。

アイスで冷えた体にアツアツの『022 かなやみどり』をごくりと。格別な時間を楽しめること間違いなし。

 

こんなシーンにおすすめ

 

山の頂を盆地のように切り開いた神秘的な場所で作られる『022 かなやみどり』。1人時間のおともにおすすめです。テレビや音楽を消して静かに物思いにふける。寄り添う香りが一層心を緩めてほどいてくれます。なんだか疲れが取れない方は『022 かなやみどり』に癒されてみては。

 

茶葉の様子

 

濃緑が美しく光ります。針のようにピンと伸びた浅蒸しです。お湯をさした時に茶葉の形に戻るような製造で、飲んだ後の茶葉の美しさも別格です。ここまで美しい茶葉を製造することができる農家はごく稀で、完成度が非常に高いです。

 

水色について

 

水色は透明な黄金色で、にごりが少ないのが特徴です。透明感のある水色がとても美しく、にごりのある深蒸しとは違った魅力があります。印象的なのはコク。茶葉を繊細にかつ、しっかりと揉みこむことによってコクやまろみのある味わいが表現されています。(写真左が一煎目。右が二煎目。)

 

産地/生産者について

 

京都府で唯一の村である南山城村の北部、山の頂上に童仙房という集落があります。童仙房には、水道はひかれておらず、水源は井戸水を使用しています。山頂だというのに、ところどころから湧き水が滲み出る美しく秘境の情感があります。

 生産者の柚木さんの「復元力が大事。」という言葉がとても印象的でした。急須に茶葉を入れてお湯をさした時、元の葉っぱの形に戻るように、茶葉がボロボロに砕けない製法にこだわって作っています。是非飲み終わった後の茶葉も見ていただきたい。

 

缶はこんな感じ

 

茶缶を透明急須の上にのせるとスタッキングが出来るので省スペースです。エレガントな色合いがキッチンを盛り上げてくれます。

茶缶を開けると茶葉が銀のパッケージに梱包されて入っています。光や湿気が入ることも無く、安心です。はさみで開封してすぐの香りはフレッシュで濃厚。開封直後の濃厚な品種の香りを是非味わってみてください。

 

味わい 甘味:★ 苦味:★★★ 旨味:★
合組 「かなやみどり」シングルオリジン
産地 京都「童仙房」
農園 柚木 喜彦
標高 470m
蒸し 浅蒸し
火入れ 65℃ 15min
¥1,663