津軽三味線が弾き出す熱い音色の理由はそのルーツにあった。独自の発展を遂げた歴史と流れとは?

2020年11月12日

by 煎茶堂東京編集部

伝統と革新。津軽三味線の歴史は、その相反するふたつの言葉から成り立っています。中国から伝わり、室町時代に今の形となった三味線という伝統楽器。それが東北に伝わり、津軽三味線というジャンルが確立していったのは、明治の初期と考えられています。津軽三味線の歴史は150年ほど。伝統芸能としては、まだまだ新しいジャンルでもあります。

VOL.19(11月号)のお茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」では、津軽三味線の魅力について特集。7歳で佐々木光儀流日本民謡三弦入門し、NYカーネギーホールで演奏するなど、国内外でさまざまなジャンルとのセッション経験を積む津軽三味線奏者・久保田祐司さんに、ストリートで生まれた、自由な音楽としての津軽三味線の魅力、そして久保田さんが演奏を続ける理由についてお話を伺っています。

今回は、津軽三味線が生まれた経緯やその背景にある歴史、津軽三味線を聴いてみたい方へ向けたおすすめの楽曲をご紹介!バチを叩きつけるように激しく演奏する津軽三味線は奏者によって変わる音色も特徴。風土が生み出したストリートの音楽である、津軽三味線のルーツを感じてみては。

津軽三味線の生まれとその流れ

ギターやシタール、マンドリンなど、三味線に形状が似た楽器は世界中に存在します。三味線のルーツと考えられる楽器・三弦がどのように日本に渡り、そして国内で変化していったのか。その歴史の流れをご紹介します。

中国の伝統楽器「三弦」がルーツ

中国の秦代(紀元前221〜206年)に演奏されていた楽器「弦鞀(シェンダイ)」が変化し、元代(1271〜1368年)に「三弦(サンシエン)」と呼ばれるように。これが1390年頃に琉球に伝わり、コンパクトな楽器「三線」となり、今も民謡などの伴奏に使われています。

この三線が貿易船によって、室町時代後期に大阪の堺をはじめとした西日本にもたらされました。浄瑠璃や歌舞伎の伴奏に使う「三味線」として、庶民の間に広まっていったのです。

三弦(サンシエン)
長い竿が特徴の三本弦の楽器。戯曲や歌の伴奏として使われることが多い。
三線
三弦と同様に蛇の皮を張っている。音は三味線よりも太くて重い
印象。
三味線
演奏にバチを使うのが特徴。長唄や歌舞伎に使うものは「細棹」と呼ばれる。

独自の発展を遂げた津軽三味線

瀬戸内海から北海道の松前まで、日本海側を航海していた北前船。各地で積み込んだ積み荷を売買する貿易船ですが、商品だけでなく文化を伝える役割も担っていました。西の楽器だった三味線が、北国に伝わり民謡にも変化をもたらしたのです。

津軽三味線は即興演奏が基本のため、譜面も、文献も残っていません。その発祥や歴史に関して、はっきりわかっていない点が多々ありますが、原型は新潟県で活躍した瞽女(ごぜ・目が不自由な女性芸能者)の楽曲だと考えられています。

それが津軽のボサマ(目が不自由な男性旅芸人)に伝わり、家々の軒先で三味線を弾き米やお金を受け取る「門付け芸」として広まっていきました。演者たちは他の人よりも目立とうと音を大きくし、速弾きのテクニックを磨いていきました。そのために三味線自体は大きくなり、バチは小回りが利くように小さく変化していったのが、今の津軽三味線なのです。

津軽三味線、この人を聴け!

もともと即興で演奏されていた津軽三味線は、弾き手によって音色がさまざまに変化するのが魅力のひとつ。伝説の名人から、今第一線で活躍する演者まで聴き比べてみるのもおすすめです。

津軽三味線の魅力を広めた昭和の名人・高橋竹山

幼い頃に病気で視力をほぼ失い、三味線で門付けをしながら生きていたという高橋竹山。戦後は「津軽民謡の神様」成田雲竹とともに各地で興行を行い、芸に磨きをかけていく。竹山の独奏を収めたレコード『源流・高橋竹山の世界』(1963)が発売されると、民謡の伴奏だけではなく、独奏楽器としての津軽三味線の魅力が全国に知られるようになる。

70年代になると竹山のリズミカルかつパワフルな演奏が若者の心をとらえ、津軽三味線ブームともいえる人気を集めた。1986年にはアメリカ公演を行い、ニューヨーク・タイムズに「まるで魂の探知器でもあるかのように、聴衆の心の共鳴音を手繰り寄せてしまう。名匠と呼ばずして何であろう」と賛辞を寄せたという。

ジャンルも国境も超える津軽三味線奏者・上妻宏光

幼少期より数々の津軽三味線大会で優勝するなど、邦楽界では高い評価を得る。その後ロックやジャズのエッセンスを取り入れた演奏にも取り組み、ハービー・ハンコック、マーカス・ミラー、矢野顕子など、国内外のアーティストとの数多くのセッション、コラボレーションを行う。伝統から一歩踏み出し、三味線という楽器の表現の可能性を探る活動を現在も続けている。故・志村けんが唯一の愛弟子であり、2016年の「キリン氷結」テレビCMでは、師弟共演を果たした。

疾走感のある演奏に引き込まれる・吉田兄弟

兄・良一郎、弟・健一から成る2019年にデビュー20周年を迎えた兄弟ユニット。2003年には全米デビューも果たし、津軽三味線の伝統を受け継ぎながらも、邦楽の枠に収まらない活動が注目を集め続けている。スピード感のある演奏が特徴で、アニメーションとのコラボや、パルクール映像のBGMなどでもその魅力を遺憾なく発揮している。

朝晩が冷えてくる寒い季節。夕暮れに明かりを落として、津軽三味線の音といつもより熱めに淹れたお茶で、心と体に滲み入る時間を過ごしてみるのもいいかもしれません。

他の記事もみる