4,000円以上で送料無料!平日9時までの注文で当日出荷。金(9時以降)~日祝は翌営業日発送。

菠蘿油で香港風のティータイム。穀物感のある「052 さえあかり」と合わせて

2022年11月24日

by 煎茶堂東京編集部

釜炒り茶特有の香ばしさとほどよい甘味、そしてコーンのような穀物の風味で、中国茶を思わせる『052 さえあかり』。

チーズなどの乳製品にもよく合うこのお茶のお供におすすめなのが、香港喫茶の定番「菠蘿油(ポーローヤオ)」。サクッとしたクッキー生地に包まれたほの甘い菓子パンとバターのハーモニーは、何とも「好吃」!

本場はエバミルク入りのミルクティーと合わせるのが定番ですが、甘味のある煎茶との組み合わせも本場に負けないおいしさです。ぜひお試しあれ。

「052 さえあかり」で香港風のティータイム

釜炒り茶特有のくるんとした茶葉がかわいらしい。爽やかな甘味と香りは、おやつや食事のおいしさを引き立てます。

用意するもの

・茶葉「052 さえあかり」4g
・お湯(一煎目)90℃ 100ml
・お湯(二煎目)90℃ 100ml

淹れかた

1/一煎目を淹れる

茶葉を入れた急須に90℃のお湯100㎖を注ぎ、30秒蒸らしてからボウルに注ぎます。

2/二煎目を淹れる

二煎目は急須に90℃のお湯100㎖を注ぎ、40秒蒸らしてからボウルに注ぎ、完成!

TEA TALK

茶葉を釜で炒って乾燥させる釜炒り茶は、「釜香」という独特の香ばしさが特徴。日本では蒸して仕上げることが多い煎茶ですが、中国茶は釜炒りが一般的。手間がかかるため生産量は決して多くありませんが、香りが高く、甘味が引き出されたおいしい煎茶に仕上がります。

使用した茶葉

使用した道具

こちらのページでご紹介した商品

関連記事