4,000円以上で送料無料!平日9時までの注文で当日出荷。金(9時以降)~日祝は翌営業日発送。

お茶の時間を豊かにする器。陶器の茶杯・カップ9選

2023年01月04日

by 神まどか

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー 青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

お茶を楽しむ人は、お気に入りの茶杯やカップを持っている。口当たりを大切にするのか、容量がたっぷり欲しいのか、少し味わう小さいカップがいいのか…。こだわりを持つことは素敵なことです。今回は、煎茶堂東京オンラインで購入できるお茶の暮らしに寄り添う素敵な茶杯・カップを素材別にご紹介。まずは「陶器」をまとめました。

新しい年に合わせて、素敵な茶道具があると「いいお茶の時間」が過ごせそうです。

※在庫状況によって、ご購入いただけない場合もございますのでご了承ください。

1/
荒賀文成
粉引き茶杯

中国茶用に作られた茶杯ですが、中国茶だけでなく、玉露などのお茶を少量嗜むのにもいいサイズ。そのなめらかさが目を引く荒賀さんの「粉引(こひき)」は、温かみのある白を感じます。きっと、煎茶の淡い水色を綺麗に映してくれることでしょう。

2/
中村豊実
輪花茶杯

ろくろではなく手形成で制作している「輪花茶杯」は、ひとつひとつが微妙に違う表情を魅せています。

重ねた時は、ピッタリおさまるというわけではないのですが、ひとつひとつ作られているにも関わらず、収まりが良いのが嬉しいところ。

重ねたときの可愛らしさ。そして重ねた時にだけ生まれる、このニュアンスを楽しみたい。

※セット販売ではなく、「輪花茶杯」1点ずつでの販売です。

3/
古谷宣幸
湯呑

古谷さんの「湯呑」には、シンプルさの中に勢いがあります。それは、釉薬の自然なかすれや垂れ、素地の力強さから感じる「スピード感」にあるのではないでしょうか。

「湯呑」というと、ほっこりとした印象のものも多いのですが、「自然と同じく、器もどれ一つして同じものはない。」そう言われているようなダイナミックさがあります。

4/
作山窯
ティーカップ

2000年からシーズンで発表している作山窯のうつわ達。2021年に発表された、「Style」シリーズから選んだのは、ゆったりとした背の低い形のティーカップ。

「Earth White」は、白のベースに、ブルーのような、グリーンのような絶妙なニュアンスの釉薬が重ねられています。「Youhen Cream」は全体的に柔らかい白でまとめられていますが、よく見ると異なる2色の白でグラデーションになっています。

5/
横山拓也
汲み出し

横山さんの作品は、黒土に粉引きが施され、表面に細かいヒビが入っているのが特徴。お茶を飲みながら、そんな器の表情をじっくりと観察していると思わず引き込まれそうになります。

たっぷり200ml入るので、暑い日は氷を浮かべたり、一煎目と二煎目を混ぜて飲んだりしてもいいですね。

6/
伊藤萠子
ゆのみ

至ってシンプルな形の湯呑み。粗目の粘土で厚めに作られているので、器の中に残るお茶の繊細な香りを楽しんでいただける器です。

小ぶりなので、透明急須で二人分淹れる時にちょうどいい容量。コロンとした形が、時間を追うごとにじわじわと愛おしくなってきます。

7/
中里花子
バンブーカップ

スッとくびれたカップは、スタッキングさせると竹のような佇まいに。名前の通り竹から着想を得て形成されたシルエットはのびのびとした気持ちよさを感じます。

※セット販売ではなく、「バンブーカップ」1点ずつでの販売です。

8/
中里花子
しのぎカップ

一本一本、全体のバランスを見ながら入れられている刻線がアクセントになった「しのぎカップ」。綺麗な曲線を描いたアウトラインと手仕事の痕跡が同居した一品です。

※セット販売ではなく、「しのぎカップ」1点ずつでの販売です。

9/
煎茶堂東京
一煎目カップ

一煎目の香り・味を楽しむためにつくられた、煎茶堂東京オリジナルの器です。ワイングラスのようにすぼまった卵型は、カップの中で香りが滞留し、お茶の繊細な香りをキャッチします。コロンと丸い形状が可愛らしく、マットな白い釉薬が手に馴染みます。

9種類の「陶器」の茶杯・カップをご紹介しました。現在在庫の無いものでも、再入荷の予定がございますので、入荷のお知らせをいち早く受け取りたい方はLINEでのご登録がおすすめです。

煎茶堂東京公式LINEに登録する

他の器を見る

煎茶堂東京の「道具」を全て見る