わたしの茶道具「鮫島 陽さんの器」モデル・ミュージシャン/安藤百花さん

2021年04月23日

by 神まどか

お茶のある暮らしを楽しむうちについ増えてしまう茶道具たち。でもお気に入りの逸品があると、お茶はもっと楽しくなる。センスのよいあの人が、そんな愉悦にどっぷりつかってしまった茶道具をご紹介。

モデル・ミュージシャンである安藤百花さんの茶道具は、まるで舟のようなシルエットが美しい鮫島 陽(さめじま・みなみ)さんの器です。

心地よい舟の形をした
この器は“いい音”を
奏でるんです

吉祥寺・OUTBOUNDで購入したこの器。わたしが高校生の時、陶芸のクラスでお喋りに耽っている間、隣でもくもくとろくろを回していたかっこいい女の子が今陶芸家として作っているものです。

わたしは和菓子が好きなので、お茶時間にはこの器におまんじゅうや羊羹をこの器に乗せて愛でています。陶芸家・鮫島 陽さんが作ったこの器でお茶とお菓子を楽しむ時間は、わたし自身も幸せにしてくれるのです。

この器の好きなところは“いい音”がするところ。さらさらとか、するするとか、ごとんとか色んな音がするけどそのどれもが心地よくて思わずたくさん触れてしまいます。

モデル・ミュージシャン
安藤百花さん

広告や雑誌を中心にモデルとして活動中。 ミュージシャン。バッグブランド〈peau,〉のディレクター、デザイナー。インターネットラジオ 「安藤百花のつれづれラジオ」、YouTubeチャンネル「台所日和」も要チェック。Instagram:@momoka_031

関連記事