お茶の木は木だから、木の状態で作るんじゃ。

「西さん」といえば、お茶業界の人には通じるのではないだろうか。それほどに、茶の製造に通じた「西一族」の名は轟いている。その事実からは意外なほどにオープンかつチャーミングな人柄で、お家でランチをご馳走になるなど、温かく迎えてくださった。ひたすらに理論と実践を繰り返し、当時の「異端」は現在の「スタンダード」に。そんな軌跡を振り返っていただいた。


★映像は下の画像をタップしてご覧ください。

Video

西さんら、一族が切り開いた山。山の頂上付近にあり、実に爽快な景色。この日は3月末で、桜吹雪も美しく待った。真下に広がるこの畑があさつゆ。刈る前の新芽が美しく黄金色に染まっている。

ランチにご馳走になってしまった。お母様が手作りしている野菜たっぷりの食事。言うまでもなく美味しい。

012 ASATSUYU あさつゆ(50g)

012 旨 「ASATSUYU」

重厚な旨味と香りから天然玉露と称される品種。穀物感のある太い味わいは凝縮したスープのよう。

甘味:★★★
苦味:★

旨味:★★★

●合組
あさつゆシングルオリジン

●産地
鹿児島県「霧島」

●農園
西製茶工場

●標高
210m

●蒸し
中蒸し

●火入れ
80℃ 10min

※お茶の水の色画像:左 一煎目、右 二煎目
※茶葉画像:4g

 

¥2,300