4,000円以上で送料無料!平日9時までの注文で当日出荷。金(9時以降)~日祝は翌営業日発送。

わたしの“偏愛茶”。「045 おくみどり 霧島」飲むと穏やかな気持ちになれる、バランスのいいお茶

2022年08月25日

by 神まどか

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー 青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

煎茶堂東京で取り扱うお茶は約50種類(2022年9月現在)。選べるお茶が沢山あるのは良いけれど、どれがどういう味わいで、どんなお茶なのか、迷ってしまう人も少なくないのでは?

そこで、煎茶堂東京で働くティーコンシェルジュやデザイナー達に、その季節で偏愛する好きなお茶とその理由を聞いてみました。お茶のキャラクターや特徴にピンときたら、それがあなたの好きなお茶かも?

今回「偏愛茶」を教えてくれたのは…
東京茶寮バリスタ・小野寺友麻

埼玉生まれ。大学では日本語教育を学び、日本語の先生をしていたことも。日本をもっと知りたい、と東京茶寮へ。カレーと紅茶がマイブームです。

Q1/今、偏愛しているお茶は何ですか?

「045 おくみどり 霧島」です。

Q2/そのお茶のどこが好きか3つ教えてください。

❶甘み、旨み、柔らかい苦みのバランス
❷淹れているとき、そして湯呑から立ちのぼる青々しい香り
❸飲むと穏やかな気持ちになれるところ
❹缶の色。大人っぽくもあり、味わいを想わせる元気な発色。絞りきれなくて4つ目です!(笑)

Q3/そのお茶に合わせるならどんなお菓子が良い?

酒饅頭。
お茶の甘みが餡子と合うのはもちろん、ふかふかの生地と“ジューシー”な味わいのおくみどりと合うはず!

今回紹介したお茶

こちらのページでご紹介した商品

関連記事