急須の先に付いているアレ〜透明プラスチックキャップは外すもの?

2021年02月01日

by 煎茶堂東京編集部

お茶を淹れるのに欠かせない急須ですが、購入すると注ぎ口の先端に透明なプラスチックやビニール製のキャップが付いていますよね。名前も分からず「急須の先のアレ」などと呼ばれる透明キャップですが、使う際には付けたままがいいのか、はたまた外した方がいいのか迷っている人も多いようです。

そこで今回は、急須を買ったことのある人なら誰もが疑問に思うであろう、透明なキャップの謎に迫っていきます。

「外して使うのが正解」に驚きの声がたくさん

2016年、三重県「お茶の川村園」さんがtwitterに投稿した、次のようなツイートが話題になりました。

不要かつ不衛生ということを理由に、「外してください」と繰り返し注意喚起する内容に、多くの人から驚きの声が上がりました。

こうして見ると付けたまま使っているという人が相当数いるようですが、ツイートの通り、透明キャップは外して使うのが正解とされています。このキャップは輸送時などに注ぎ口の部分が破損しないよう保護するためのもので、あくまでも流通用として取り付けられているものなのです。

日本茶の専門書でも次のように書かれており、先ほどご紹介したツイートの内容は正しいことがわかります。

購入した急須の注ぎ口に透明なキャップがついていることがあるが、これは流通時に割れないようにとつけられた保護用のカバー。衛生的におすすめできないので、外して使うのが正解。

出典:公益社団法人日本茶業中央会、NPO法人日本茶インストラクター協会監修(2017)『新版 日本茶の図鑑』マイナビ出版

液だれが気になるなら急須のお手入れを

ここまで読んで「透明キャップを外してしまうと、注ぎ口から液だれしてしまうのでは?」と考えた人もいるかもしれません。実際、液だれを防ぐ目的で透明キャップを付けたままにしているという意見も見られます。

しかし、急須は正しい使い方をすれば、それほど液だれすることはありません。液だれが気になるということは、そもそも使い方やお手入れの方法が間違っている可能性があるのです。

液だれが起こる要因として考えられるのが、お湯の入れすぎ。急須の目一杯までお湯を注いだ状態だと、傾けただけでこぼれて液だれが発生。ヤケドの危険もありますので、波なみとお湯を注ぐのはおすすめしません。

また、急須本体に開いた穴が茶こしになっているタイプの急須(「ささめ」と呼ばれます)の場合、茶こしの網目部分が目詰まりを起こしていると液だれの要因になることがあります。ささめの急須で液だれが気になる時は、急須をしっかりお手入れすることで液だれ防止になりますよ。

急須のお手入れの仕方については、こちらの記事をチェックしてみてください。

交換用の透明キャップが販売されている謎

「急須の先のアレ」は流通用に付けられたもので、不衛生だから外して使用するのが正解、ということはわかりました。しかしながら街のお茶屋さんや通販サイトなどで、交換用の透明キャップが販売されているのを見たことがありませんか。

外すのが正解、と言われているのになぜ売られているのか不思議ですよね。これには次のような理由があるようです。

・付けたまま使い続ける人が多く、無くしてしまったり汚れて交換したりというニーズに対応する必要があるため。
・お客様用など使う頻度の低い急須をしまっておくのに、保護するキャップがあると便利なため。
・オフィスや学校で共有使用する急須において、キャップをつけることで破損を防ぐため。
キャップを付けたまま使う人がいるから交換用のキャップが存在しているというのは何とも皮肉なものですが、2つ目や3つ目の理由は急須を保護するためという本来の目的を果たすものです。

何はともあれ、自宅で普段使っている急須であれば透明キャップは必要ないということが言えるでしょう。

アレを外してありのままの急須を大切に

急須の先のアレは不要とお伝えしてきましたが、流通の際に急須の注ぎ口を保護して安全に運ぶ、という大切な役割を果たしています。新しい急須を購入した際には、「今まで急須を守ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを込めながら、アレを外して使うといいかもしれませんね。

今まで透明キャップを付けたまま使っていたという人は、これを機に外して、注ぎ口を清潔に保ちながらお茶時間を楽しむのがおすすめです。