急須のお手入れ方法と茶こしタイプ別チェックポイント

お茶を楽しむ上で欠かせない道具である急須。お茶を淹れた後の急須をお手入れする際、他の食器と同じように洗って問題ないのか、迷っている人も多いのではないでしょうか。結論から言うと、陶磁器でできた急須は洗剤で洗わない方がいいと言われています。

そこで今回は、陶磁器製の急須について普段のお手入れ方法を解説。加えて、網・茶こしのタイプ別に気をつけたい汚れ、茶渋汚れがひどい時に効果的なお手入れ方法をご紹介していきます。

なお、お手入れのしやすい急須が欲しいという人は、独自の極厚樹脂でできた透明急須がおすすめです。透明急須のお手入れ方法はこちらの記事をご覧ください。

 

普段のお手入れは水洗いと自然乾燥が基本

急須のイメージ

お茶をゆっくり楽しんだ後は、使った急須を必ずお手入れします。茶殻を放置してしまうと、急須にへばりついて落ちにくくなってしまうだけでなく、しつこい茶渋の原因になってしまうからです。

一般的に急須を洗う際には洗剤を使うのは良くないとされます。特に陶器の急須は表面に小さな穴が開いており、洗剤を使ってしまうと成分や香りが急須に移ってしまい、お茶の味や香りに影響を与えてしまうと言われているのです。

そもそも急須はお茶を淹れるのに使うだけなので、毎日洗剤で洗わなければいけないほど汚れていません。普段のお手入れは、水やお湯で洗い流すだけでOK。網や茶こしに付着している茶葉も、水やお湯でしっかり流しましょう。


何より大切なのは、洗い流した後に急須を十分乾燥させること。急須は独特な形状をしているので、内部に水が溜まりやすくなっています。こうした水を放置すると、お茶の味や香りに影響が出るだけでなく、雑菌やカビが繁殖するリスクもあるので要注意。

洗い流した後は、急須本体とフタ・網・茶こし(外せるタイプのもののみ)を別々に乾燥します。注ぎ口や底の部分を乾きやすくするため、本体は裏返しにして干すのがおすすめです。

 

茶葉がこびりついている時は歯ブラシ

急須イメージ

水やお湯で洗い流しても、茶こしに茶葉がこびりついて落ちないこともありますよね。そんな時は、使っていない歯ブラシで優しくこすると簡単に取れます。ポイントは、柔らかめの歯ブラシを使うこと。

硬い歯ブラシやタワシなどでこすってしまうと、茶こしを傷つけてしまう可能性があります。あくまでも優しく丁寧に扱うようにしましょう。

また、濡れている状態でこすると茶葉が崩れてしまい、ますます取りにくくなってしまうこともあります。どうしても取れないようなら無理に落とそうとせず、乾燥させてから乾いた布巾などで取り除くという方法も。乾かすことで、こびりついていた茶葉も意外と簡単に剥がれるのです。


注ぎ口の汚れやぬめりが気になる時は、市販の急須用ブラシで掃除するのもおすすめ。細長いブラシなので、注ぎ口の中までこすることができます。

 

網・茶こしのタイプ別 汚れのチェックポイント

普段のお手入れは水やお湯で洗い流すだけで問題ありませんが、長く使っていると茶渋汚れが気になってくるもの。急須の網・茶こしにはタイプがあり、形状によって汚れのつきやすさも異なります。ここでは、タイプ別に汚れのチェックポイントを見ていきましょう。

茶葉が目詰まりしやすい「ささめ」

ささめイメージ

急須の注ぎ口部分に直接穴が開いているタイプの茶こしを「ささめ」と呼びます。ささめは比較的網目が大きいので、茶こし部分に目詰まりしている茶葉をしっかり落とすのがポイントです。

網の裏に汚れが溜まりやすい「帯網」「平網」「底網」

底網イメージ

急須の周囲にぐるっとステンレス製の網がついているタイプを「帯網」、注ぎ口の部分を覆うように網がついているタイプを「平網」、注ぎ口〜底部分を覆うように網がついているタイプを「底網」と呼びます。

これらは網目が細かいので目詰まりは起こしにくいものの、小さな茶葉や茎が網目に入り込んでしまうと洗い流すのが大変。網の裏の汚れも気になるところですが、素人だと網を取り外すのも簡単ではありません。

お手入れがしやすく人気の「かご網」

急須から取り外して洗うことができるのが「かご網」です。透明急須もこのタイプですね。本体から取り外して水やお湯で洗い流せばOKですが、他の網と同様、使い続けていると茶渋汚れが目立ってきます。

茶渋汚れがひどい時のお手入れ方法

 

全体的に茶渋汚れがひどい時には、漂白剤や重曹でつけ置きする方法が効果的です。帯網・平網・底網で網の裏の汚れが気になる時にも有効。どちらの溶液も、手につくと肌荒れの原因になりますので、急須を取り出す際にはゴム手袋をつけて作業するといいでしょう。

漂白剤でつけ置きする方法

  1. ボウルや鍋に急須がつかる量の水を用意する
  2. 規定量の漂白剤を混ぜ、急須・ふた・茶こしを浸す
  3. そのまま30分ほど放置する(汚れがひどい時は時間を長めに)
  4. 取り出したら柔らかい布や歯ブラシで軽く洗う
  5. 水やお湯で漂白剤を十分に洗い流す
  6. しっかりと乾燥する

重曹でつけ置きする方法

  1. 急須をつけ置きできる大きさの鍋でお湯を沸かす
  2. 沸騰したら火を止め、お湯1リットルにつき重曹大さじ2の割合で混ぜる
  3. 急須・ふた・茶こしを浸す
  4. お湯が冷めるまで30分ほど放置する
  5. 取り出したら柔らかい布や歯ブラシで軽く洗う
  6. 水やお湯で重曹溶液を十分に洗い流す
  7. しっかりと乾燥する

 

日本茶文化に流れる道具を大切にする精神

急須イメージ

美味しいお茶を楽しむためには、もちろん茶葉や淹れかたは大切ですが、道具をしっかりとお手入れしておくのも大切なこと。茶道の世界では、古くより物を大切にする精神が受け継がれています。

いつもお茶をおいしく仕上げてくれる急須に感謝しつつ、今回ご紹介したお手入れを日々実践して、長く愛用し続けていきたいものですね。
お手入れ 急須 茶器

← Older Post Newer Post →

お茶のある暮らし Tea Life

RSS
Tags
001 はるもえぎ 001はるもえぎ 002 香駿 002香駿 003 こいしずく 003こいしずく 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 006ゆたかみどり知覧 009おくひかり 010 ふくみどり 010ふくみどり 011やまなみ 012 あさつゆ 014熊球磨在来 016むさしかおり 017藤枝かおり 018 うじひかり 018うじひかり 020 さえみどり 021 釜炒りさえみどり 022 かなやみどり 024 香駿雁金 027CA278 028りょうふう 029めいりょく 031 浅蒸しはるもえぎ 032 つゆひかり頴娃 033 やまかい 034 ゆたかみどり 034ゆたかみどり 035 さきみどり彼杵 035さきみどり彼杵 036 みなみかおり 037 つゆひかり大山 038 山の息吹 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 044 うじみどり 045 おくみどり 霧島 046 おくゆたか 霧島 046 おくゆたか霧島 047 釜炒りはるもえぎ 049 あさひ 050 茂2号 051松寿 053 はると34 054 あさのか 5種飲み比べギフトセット TOKYO TEA JOURNAL VOL.1 VOL.2 VOL.4 VOL.5 あの人の朝ごはん あんこ お手入れ お月見 お茶のある暮らし お茶の三大産地 お茶の情報 お茶の成分 お茶の文化 お茶の栽培方法 お茶の歴史 お茶の淹れ方 お茶の産地 お茶の製造工程 お茶はどうやって淹れれば? お茶菓子 お茶請け お菓子とお茶 お餅 かぶせ茶 ぐり茶 さくらの煎茶 にこまる玄米 ふくみどり ほうじ煎茶 ほうじ番茶 ほうじ茶 まろやかな国産粉末緑茶 わたしの茶道具 カカオ カテキン カフェイン キャップ ギフト ジャスミン茶 チョコレート テアニン ハーブティー バックナンバー パフェ ビタミン ピラジン プレゼント ペアリング ミネラル ミント メンテナンス ラッピング リモートワーク レシピ ワイングラス 七碗茶歌 三大銘茶 三重県 不発酵茶 中国茶 中蒸し 九州 京番茶 京都府 作山窯 八十八夜 冷茶 加賀棒茶 包装 十五夜 半発酵茶 古川 千鶴 古川千鶴 和菓子 和菓子の日 品種のはなし 埼玉県 売茶翁 大福茶 子ども 宮崎県 小野寺 友麻 岡倉天心 後発酵茶 急須 抹茶 掃除 新茶 日本文化 日本茶 木村 晃 李 セロム 東京茶寮 果物 栄西 桜染め 梅シロップ 植物 植物としてのお茶 椎茸 母の日 注ぎ口 洋菓子 洗い方 津軽三味線 浅蒸し 海苔 深蒸し 清風 温かい煎茶 温度 濃厚煎茶アフォガート 烏龍茶 煎茶 煎茶パック 煎茶堂東京 煎茶道 狭山茶 玄米茶 玉緑茶 玉露 生産量 発酵 発酵茶 盆栽 盧仝 碾茶 神 まどか 立ち読み 粉末緑茶 紅茶 緑茶 編集部 花茶 花見 茶の本 茶の湯 茶器 茶摘み 茶摘み体験 茶経 茶育 茶道 落語 蒸し製 蒸し製玉緑茶 被覆栽培 読書 豆知識 貴腐ワインレーズン 贈り物 贈答 透明急須 野点 釜炒り 釜炒り茶 釜炒り製 釜炒り製玉緑茶 長崎県 陶磁器 陸羽 雁ヶ音ほうじ茶 静岡 静岡県 飲む植物園 鹿児島県