料理家・中川たまさんオススメ!1ステップチーズレシピ

2021年10月08日

by 神まどか

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー 青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。

素材、気候、作り手の技、発酵、熟成、さまざまな条件を重ね合い、多様なおいしさを歴史の中で生み出してきた「チーズ」。

複雑な香りと味わいを持つチーズは、ほかの食材や飲み物とペアリングさせることでその味わいを幾重にも重ねることができるのです。チーズが奏でる味わいのハーモニー、その秘密を掘り下げていきましょう。

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.29では、そのまま食べてもおいしいチーズを、少しだけ手間をかけて、とても素敵なひと皿に。料理家の中川たまさんと、編集部のおすすめを少しだけご紹介します。

教えてくれたのは…中川たま(なかがわ・たま)さん

「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.25でも、素敵な果物のお話とレシピを教えてくれた、料理家の中川たまさん。旬の果物とチーズの組み合わせは、おつまみにも、デザートにもおすすめだそう。

いちじくのブルーチーズがけ

おつまみや前菜におすすめなのが、旬の「いちじく」と「ブルーチーズ」の組み合わせ。酸味が少なく、優しい甘さのいちじくが、塩気の強いブルーチーズを受け止めてくれます。あっさりとしているいちじくは、マスカルポーネなどフレッシュチーズと合わせるとデザートのひと皿になります。(中川さん)

シャインマスカットのモッツァレラサラダ

秋の果物の代表、ぶどうの中でも特に甘くておいしいシャインマスカット。ここにミルキーなコクとほのかな酸味のバランスがよいモッツァレラチーズを合わせれば、リッチなサラダに。モッツァレラは食べやすいサイズに手でちぎり、塩とオリーブ油を加えてざっと合わせましょう。(中川さん)

キャラメルチーズトースト

輸入食材店などでも見かけるようになった「イエオスト」は、山羊の乳のホエーにクリームを加えて煮詰めたもの。別名「キャラメルチーズ」というだけあって、まさに塩キャラメルのような甘じょっぱく濃厚なおいしさ! クラッカーなどにのせて食べるだけで十分おいしいですが、パンとともにトーストすれば、さらに甘味が増してやみつきのおいしさ。朝ごはんにもぴったりです。(編集部)

モッツァレラチーズの梅肉あえ

モッツァレラチーズのコクを梅肉でさっぱりとさせると、ちょっとした小鉢料理に変身します。甘めの梅干しを叩いてペースト状にして、食べやすくちぎったモッツァレラチーズと和えます。しょっぱめの梅干しなら、少しまとわせる程度の量だとバランスがよくなります。(編集部)

クリームチーズのおかか醤油

和の食材にもすんなりとなじんでくれるのがクリームチーズ。さいの目に切ったクリームチーズをおかかと醤油で和えるだけで、日本酒にも合いそうなおつまみが完成! チーズのコクと、おかかと醤油の旨味を組み合わせることで、さっぱりとしながらも深みのある一品になります。お茶請けにもおすすめ。(編集部)




このインタビューは「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.29に収録されています。

TOKYO TEA JOURNALを購読する
TOKYO TEA JOURNAL

「TOKYO TEA JOURNAL」でお茶のある暮らしをはじめる¥500・TOKYO TEA JOURNAL 専用ボックス・2種類の茶葉(4g袋×2個)
詳細をみる



バックナンバーをお求めの方はこちらのフォームよりお問い合わせください。

TOKYO TEA JOURNAL バックナンバーお買い求めフォーム

こちらは、煎茶堂東京が運営するお茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」バックナンバーのお買い求めフォームです。確認事項をお読みの上、必要事項を明記してお送りくださいませ。
詳細をみる

他の記事もみる
チーズと○○、ペアリングを考えるコツとは?チーズ専門店に聞いた3つの法則

発酵や熟成によって、原料である生乳のタンパク質が、グルタミン酸をはじめとした旨味のもと、アミノ酸へと分解さ…
詳細をみる

あの名作チーズフードと「052 さえあかり」レシピ

穀物を感じる香ばしさと、ほどよい甘味がほっとする「052 さえあかり」。このお茶に合わせるのにおすすめなのが…
詳細をみる

「035 さきみどり 彼杵」とシェーブルチーズに合わせるアフタヌーンティーレシピ

シャープな渋みとすっきりとした香りに、優しい口あたり。適度な苦味もあり、ドライな風味が魅力の「035 さきみど…
詳細をみる