051 SHOUJU 松寿 (50g)

051 SHOUJU 松寿 (50g)

¥1,360

価格:税込

配送料:670円(沖縄/離島を除く)

6,000円(税込)以上のご注文で送料無料!

ご購入に関してのよくあるご質問

商品について質問がありますか?

24時間自動モード/営業時間中はスタッフ応答します!

商品詳細

051 香 「 SHOUJU 松寿 」

極早生の品種で初物として市場に登るスピードスター。
香りと舌の上で横に広がるバター香が特徴的。

甘味:★ 苦味:★★ 旨味:★★★

 

『051 松寿』味わいと香りは?


『051 松寿』はスイートコーンのような香りと舌の上で横に広がるバター香が特徴。苦味が少なく、鼻先に漂う香りにうっとりするお茶です。煎茶堂東京のお茶の中では、旨味の方に位置づけられるお茶なので、旨味がお好きな方に飲んでいただきたいお茶です。

 

おすすめのレシピ

 

煎茶は淹れる時のお湯の温度や抽出時間、飲む時の温度によって味わいが変化するのが特徴です。

低温で淹れると甘みや旨味が、高温で淹れるとキリっと苦み渋みが際立ちます。ご自身のお好みの味を見つけてみましょう。

 

 

 

何と合わせる?

 

 

乳製品を感じさせる香りの『051 松寿』には、たっぷりシナモンが練りこまれたシナモンロールを。シナモンのスパイシーな香りとお茶のバターやミルクの香りが合わさって、口の中は濃厚な幸せに包まれます。

 

 

こんなシーンにおすすめ

 

種子島にしかない希少品種である松寿。種子島家の女殿様「松寿院(篤姫の伯母)」から松寿(しょうじゅ)と名づけられました。

歴史に思いを馳せながらお茶を飲む時間も優雅です。

 

 

茶葉の様子

 

 

濃緑が美しく光ります。針のようにピンと伸びた浅蒸しです。ここまで美しい茶葉を製造することができる農家はごく稀で、完成度が非常に高いです。

 

水色について

 

 

水色は透き通る黄金色で、にごりが少ないのが特徴です。透明感のある水色がとても美しく、にごりのある深蒸しとは違った魅力があります。(写真左が一煎目。右が二煎目。)

 

 

産地/生産者について

『051 松寿』は鹿児島県の種子島で作られているお茶です。茶産地の中でも特に温暖な種子島の一番茶は、3月下旬から4月25日頃まで収穫されます。「茶摘み」という歌には「夏も近づく八十八夜~♪」という歌詞がありますが、これは立春から数えて88日目の5月初旬に一番茶の茶摘みをするということ。

霜害を心配する地域がある3月に収穫が始まるなんてまさにスピードスター。煎茶堂東京がその年最も早く買い付けた初物です。

 

 

味わい 甘味:★ 苦味:★★ 旨味:★★★
合組 「松寿」シングルオリジン
産地 鹿児島県「種子島」
農園 種子島茶生産組合
標高 124m
蒸し 浅蒸し
火入れ 74℃ 10min 
備考 開封後は直射日光や湿度を避け、1か月を目安にお召し上がりください。
051 SHOUJU 松寿 (50g)

051 SHOUJU 松寿 (50g)

¥1,360

価格:税込

配送料:670円(沖縄/離島を除く)

6,000円(税込)以上のご注文で送料無料!

ご購入に関してのよくあるご質問

商品について質問がありますか?

24時間自動モード/営業時間中はスタッフ応答します!

この商品をみたあとに購入されている商品

にこまる玄米
¥380
貴腐ワインレーズン
¥1,080
燻製ピスタチオ
¥1,080
さくらの煎茶 (30g)
¥1,620
ドライいちじく
¥1,080