[test] TOKYO TEA JOURNAL VOL.4 『お茶の変化の歴史/ミントとお茶』

6月号は「水の話」。今回は、東京大学大学院新領域創成科学研究科の「徳永朋祥」先生にインタビューを行いました。

地球上に存在する水の中で、淡水はたったの2.5%といわれています。そしてその大半が氷河などの氷として存在しており、私たち利用可能な水は地球上でわずか0.75%。そのほとんどが地下を流れる「地下水」といわれています。お茶とも深い関わりのある水。水とはなんなのか?私たちはどのように親しみ、付き合っていくべきかをお話いただきました。

日本全国の茶葉を取り扱う「煎茶堂東京」だからこそ、単一農園・単一品種の美味しい一番茶だけを厳選してお届けします。

専用ボックスにいれてポストにお届けなので、不在にしていても大丈夫です。

ttj _itemlist_tc002 _itemlist_tc004 _rel_ttj_test_A

Newer Post →