チェリーのピクルスに合わせたい、 新茶「ゆたかみどり」 のレシピ

新茶は、その年の最初に出る新芽を収穫して作られる、フレッシュな香りと色あざやかさが楽しめるお茶です。鮮度が高く、香りは若くて爽やか。年に一度の収穫の喜びを感じましょう。

香り高く優しい味わいの「ゆたかみどり」の新茶は、果物のさわやかな甘味によくマッチします。初夏の季節に旬を迎えるチェリーは、そのままでももちろんおいしいけれど、さまざまな品種を混ぜてピクルスにすれば目にも楽しいおやつに。



新茶「ゆたかみどり」 とチェリーのピクルス





お湯で淹れたお茶を氷で急冷する冷茶。じっくり抽出した一煎目と、さっと抽出の二煎目を合わせるから甘味と渋味のバランスがとれたお茶になります。

温暖な気候に恵まれた鹿児島。この地から日本一早く届く新茶は、春から夏の移り変わりを知らせる「ホトトギス」のような存在です。濃い緑の水色が、さわやかな新緑を思わせます。瑞々しい香りと上品な甘さは、見た目に負けず劣らずさわやか。均整のとれたやわらかい味は、温かくしても冷たくしてもおいしい。


<材料>

  • 茶葉「ゆたかみどり」4g
  • お湯(一煎目)70℃ 90ml
  • お湯(二煎目)80℃ 90ml
  • 氷 適量



<つくりかた>

【1】一煎目を淹れる




茶葉に70℃のお湯90mlをゆっくりと注ぎ、蓋を閉めずに1分20秒待ちます。




【2】お茶を冷やす





氷を入れたガラスサーバーにお茶を注ぎ、くるくるとかき混ぜてしっかりと冷やしてからグラスに注ぎます。ガラスサーバーに二煎目を冷やすための氷を入れます。




【3】二煎目を淹れる





急須に80℃のお湯をゆっくりと注ぎ、蓋を閉めずに10秒待ちます。ガラスサーバーに注いだらまたステアして冷やし、グラスに注ぎ合わせて完成!






水分たっぷりのさくらんぼをつまんだら、ひんやり冷たい「ゆたかみどり」をひと口。ベランダやお庭に足を投げ出して、太陽の光を浴びながら…なんてティータイムを妄想してしまいました。

 

使用した茶葉はこちら





他のレシピをみる




このレシピは「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.25に掲載されています。VOL.25のテーマ「新緑の季節に果物を」の特集はこちらからご覧いただけます。




TOKYO TEA JOURNALを購読する

TOKYO TEA JOURNAL 新茶

← Older Post Newer Post →

レシピ Tea Recipe

RSS
Tags
001 はるもえぎ 002 香駿 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 008Z1 009おくひかり 010 ふくみどり 014熊球磨在来 016むさしかおり 018 うじひかり 020 さえみどり 029めいりょく 032 つゆひかり頴娃 034 ゆたかみどり 036 みなみかおり 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 044 うじみどり 046 おくゆたか 霧島 046 おくゆたか霧島 047 釜炒りはるもえぎ 048 鳳春 049 あさひ 050 茂2号 053 はると34 054 あさのか TOKYO TEA JOURNAL あんこ お茶の情報 お茶割り お酒 さくらの煎茶 ほうじ茶 アイス ウイスキー カカオ カフェイン ジャスミンティー ジュニパーベリーティー チョコレート ハーブ ハーブと暮らそう ブランデー ペアリング モクテル レシピ ワイングラス 作山窯 冷茶 微発泡茶 掃除 新茶 椎茸 水出しほうじ茶 洋菓子 津軽三味線 海苔 温かい煎茶 焼酎 煎茶 玉露 盆栽 福岡県 粉末緑茶 緑茶ハイ 緑茶割り 茶殻 落語 透明急須 野点 静岡割り 鹿児島県