甘いだけじゃないチョコレートの世界。桃の酸味と香駿の漂う爽快感をご堪能あれ!

チョコレートの誘惑に、街中がうっとりするバレンタインシーズン。

甘さだけでなく、ほのかな苦みや酸味を持つチョコレートを美味しく味わうためのドリンクとしてお茶は最適なんです。チョコレートの繊細な美味しさを、お茶は決して邪魔しません。それどころか、違った個性を引き出す「名脇役」としての一面も!

 

2020年2月の「TOKYO TEA JOURNAL VOL.10」でも、チョコレートとお茶の素敵な関係をとことん紹介しました。取材協力をいただいたのは、煎茶堂東京と同じく、シングル・オリジンにこだわる「ダンデライオン・チョコレート」。

そこで今回は、「ダンデライオン・チョコレート」の商品から厳選したBean to Barチョコレートとお茶のペアリングレシピを、東京茶寮・店長の井原が考案しました。

 

「アンバンジャ・マダガスカル,70%」に合わせるのは、香駿のモヒート。いつものお茶に少しアレンジを加えて、チョコレートとのマリアージュをお楽しみください。

 

「アンバンジャ・マダガスカル,70%」×「香駿のモヒート」

酸味の力強さを感じられる「アンバンジャ・マダガスカル,70%」。イメージするフレーバーは、ヨーグルト、熟したストロベリー、桃。フルーティーな香りの「002 香駿」と桃でフレッシュ感を、ミントと炭酸で爽快感を演出しています。

飲みすすめると味わいを感じるハイビスカスの爽やかなシロップが、チョコのベリーの余韻と相性ぴったりです。酸味のシンクロをモクテル(ノンアルコールカクテル)でお楽しみください。

 

<材料>

002 香駿 4g

水 160ml 

桃 1/16カットを5かけ

ミントの葉 お好みで

ライム 2g

炭酸水 15g

キューブアイス 4~5個

ハイビスカスシロップ 25g

 

<淹れかた>

【1】茶葉と水をボトルに入れ水出し茶を作る

茶葉と水をボトルに入れ、冷蔵庫で6〜8時間抽出します。できた水出し茶90mlとライムをグラスに注ぎます。

 

【2】グラスに氷、ミントの葉、桃を交互に盛り付ける

 

【3】グラスに炭酸水を入れて軽くかき混ぜる

 

【4】グラスのふちからハイビスカスシロップを注ぐ

ゆっくり注ぐことで美しいグラデーションが完成します。

※残った水出し茶は飲んでお楽しみください。

← Older Post Newer Post →