美味しさにひと手間を。煎茶仕立ての冷たい抹茶と、玄人好みのチョコの相性はいかに?

チョコレートの誘惑に、街中がうっとりするバレンタインシーズン。

甘さだけでなく、ほのかな苦みや酸味を持つチョコレートを美味しく味わうためのドリンクとしてお茶は最適なんです。チョコレートの繊細な美味しさを、お茶は決して邪魔しません。それどころか、違った個性を引き出す「名脇役」としての一面も!

 

2020年2月の「TOKYO TEA JOURNAL VOL.10」でも、チョコレートとお茶の素敵な関係をとことん紹介しました。取材協力をいただいたのは、煎茶堂東京と同じく、シングル・オリジンにこだわる「ダンデライオン・チョコレート」。

そこで今回は、「ダンデライオン・チョコレート」の商品から厳選したBean to Barチョコレートとお茶のペアリングレシピを、東京茶寮・店長の井原が考案しました。

 

「ハシエンダ・アズール, コスタリカ,85%」に合わせるのは、さえみどり煎茶で点てた抹茶。いつものお茶に少しアレンジを加えて、チョコレートとのマリアージュをお楽しみください。

 

「ハシエンダ・アズール,コスタリカ,85%」×「さえみどり煎茶で点てた抹茶」

舌の上で溶かすとチョコレートの味がゆっくりと変化する「ハシエンダ・アズール,コスタリカ,85%」。イメージするフレーバーは「ローストしたコーヒー豆」「サワークリーム」「グレープフルーツ」。コーヒーのようなロースト香のするこちらのチョコレートには、お湯ではなく煎茶で点てた冷たい抹茶がよく合います。

ひとくち、またひとくちと、チョコレートと抹茶を味わうごとに満足度が高まります。

 

玄人好みのペアリングで、上質な時間を自分のものにしてみませんか。

 

<材料>

020 さえみどり 4g

抹茶 1.7g

お湯 120cc

氷 適量

 

<淹れかた>

【1】茶葉(020 さえみどり)に80℃のお湯を注ぎ、1分20秒蒸らす

 

【2】抹茶を点てます。お湯の代わりに【1】で淹れた煎茶で抹茶を点てる

抹茶を点てる時に茶筅がなければ、泡立て器やミキサーで代用します。

 

【3】【2】を冷やして氷を入れる

静かに氷を入れれば、完成。苦味と甘味が行き来する幸せを味わって。

← Older Post Newer Post →