美味しいお茶の淹れ方まとめ。煎茶の味を引き出す、温茶・冷茶・氷出しにトライ

「お茶を楽しむひととき」は、お茶を淹れる時間から始まります。

急須からたつ豊かな香りを感じながら、お湯で茶葉がゆっくりと開くさまを愛で、それぞれのお茶が持つ鮮やかな水色に驚く…お茶を淹れる時間は、たくさんの発見に満ちています。

 

この記事では、「温かいお茶」「急冷」「水出し」「氷出し」、4つのお茶の淹れ方をご紹介します。同じ煎茶でも、淹れ方を変えるとそれぞれ異なる表情が楽しめるんです。

好みの茶葉とともに、淹れ方のお気に入りを探して、あなたのお茶の可能性を広げてみませんか。

 

【温かいお茶】お茶の美味しさを引き出す基本の淹れ方

煎茶の美味しさをシンプルに味わうための、基本の温かいお茶の淹れ方レシピをご紹介します。コツは、茶葉の量とお湯の温度を守るだけ。急須で淹れるお茶の楽しさに出会えます。

甘さと旨味の一煎目、すっきりとした渋みの二煎目、玄米を加えて香ばしさに癒される三煎目…。一回量で三度美味しいのもポイントです。

 

 

【冷茶】キリッと急冷。茶葉の甘みと渋みの絶妙バランス

温かく淹れたお茶を氷で急速に冷やせば完成!思い立ったらすぐ飲める「冷茶」のレシピは、暑い日のおもてなしのお茶としても重宝しそう。茶葉の甘みと渋みのバランスも絶妙です。

透明グラスに氷を浮かべて、お茶の色を愛でながら素敵なお茶の時間をどうぞ。

 

 

【水出し】最短3時間で完成!ごくごく飲むならこれ

低い温度でじっくり抽出する「水出し」のお茶は、さっぱりとした後味が特徴的。たっぷりの水と茶葉をボトルに注いで最短3時間、冷蔵庫に置くだけという手軽さも魅力です。

寝る前に作って、起き抜けにごくごく飲む…爽やかな朝のドリンクとしてもおすすめです。

 

 

【氷出し】煎茶の旨味と鮮やかなお茶の水色が醍醐味

お湯や水ではなく氷から溶け出した0℃近くの水でじっくり抽出する「氷出し」は、茶葉の旨味が存分に引き出される究極のレシピ。一度飲んだら忘れられない美味しさが待っています。

抽出される一滴ずつに、深い味わいと鮮烈な香りをまとう特別な一杯は、特別なおもてなしとしても喜ばれそうです。

 

← Older Post Newer Post →

レシピ Tea Recipe

RSS
Tags
001 はるもえぎ 002 香駿 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 008Z1 009おくひかり 010 ふくみどり 014熊球磨在来 016むさしかおり 018 うじひかり 020 さえみどり 029めいりょく 032 つゆひかり頴娃 034 ゆたかみどり 036 みなみかおり 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 044 うじみどり 046 おくゆたか 霧島 046 おくゆたか霧島 047 釜炒りはるもえぎ 048 鳳春 049 あさひ 050 茂2号 053 はると34 054 あさのか TOKYO TEA JOURNAL あんこ お茶の情報 お茶割り お酒 さくらの煎茶 ほうじ茶 アイス ウイスキー カカオ カフェイン ジャスミンティー ジュニパーベリーティー チョコレート ハーブ ハーブと暮らそう ブランデー ペアリング モクテル レシピ ワイングラス 作山窯 冷茶 微発泡茶 掃除 新茶 椎茸 水出しほうじ茶 洋菓子 津軽三味線 海苔 温かい煎茶 焼酎 煎茶 玉露 盆栽 福岡県 粉末緑茶 緑茶ハイ 緑茶割り 茶殻 落語 透明急須 野点 静岡割り 鹿児島県