夏のレシピ。「056 やぶきた 臼杵」と冷やししるこ

日本茶の代表的な品種である「やぶきた」。大分県の臼杵市で作られる「056 やぶきた 臼杵」は、しっかりとした渋みが感じられる日本茶らしい味わい。この渋みはやはり和菓子と合わせるのが王道です。

冷たくてもしっかりと小豆の旨味が感じられるあんこと、つるりとした白玉の口当たりの冷やししるこ。このお茶と一緒にいただくと、心から「日本に暮らしていて良かった!」と思えてきます。クーラーの効いた室内もいいけれど、縁側でいただきたくなるペアリングです。


夏のレシピ。「056 やぶきた 臼杵」と冷やししるこ



霧深い地域である大分県臼杵市は、穏やかな気候がお茶栽培に適した土地。霧が発生しやすく、天然のヴェールのように日光を遮るため、適度な渋みと甘味の香りよいお茶になるのだそう。

やぶきたらしい上品な香りとともに、鮮やかなグリーンが特に美しく、ぜひガラスの器に淹れて目でも楽しんでほしいお茶です。


<材料>
茶葉「056 やぶきた 臼杵」 4g
お湯(一煎目)60℃ 120ml
お湯(二煎目)80℃ 120ml


<淹れかた>

【1】一煎目を淹れる



急須に茶葉を入れ、60℃のお湯120mlを注ぎ、1分30秒蒸らしてガラスサーバーに注ぎます。


【2】二煎目を淹れる



急須に80℃のお湯120mlを入れ、20秒蒸らしてから【1】に注ぎ足します。


【3】グラスへ注ぐ



グラスに注ぎ分けて、完成。ひんやり冷たい“冷やししるこ”と一緒にいただきます。



やや低めの温度で抽出することで渋みが出すぎず、上品な香りが楽しめるレシピ。あんこの甘味をさわやかにする適度な渋みとさわやかな香りは絶品。ぜひお試しください。


使用した茶葉はこちら



他のレシピをみる



このレシピは「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.28に掲載されています。VOL.28のテーマ「光と色とガラス」の特集はこちらからご覧いただけます。

 

TOKYO TEA JOURNALを購読する

バックナンバーをお求めの方はこちらのフォームよりお問い合わせください。

056 やぶきた臼杵 TOKYO TEA JOURNAL ガラス 光と色とガラス

← Older Post Newer Post →

レシピ Tea Recipe

RSS
Tags
001 はるもえぎ 002 香駿 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 008Z1 009おくひかり 010 ふくみどり 014熊球磨在来 016むさしかおり 018 うじひかり 020 さえみどり 029めいりょく 032 つゆひかり頴娃 034 ゆたかみどり 036 みなみかおり 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 044 うじみどり 046 おくゆたか 霧島 046 おくゆたか霧島 047 釜炒りはるもえぎ 048 鳳春 049 あさひ 050 茂2号 053 はると34 054 あさのか 056 やぶきた臼杵 TOKYO TEA JOURNAL あんこ お茶の情報 お茶割り お酒 さくらの煎茶 ほうじ茶 アイス ウイスキー カカオ カフェイン ガラス ジャスミンティー ジュニパーベリーティー チョコレート チーズ ハーブ ハーブと暮らそう ブランデー ペアリング モクテル レシピ ワイングラス 作山窯 光と色とガラス 冷茶 微発泡茶 掃除 新茶 椎茸 水出しほうじ茶 洋菓子 津軽三味線 海苔 温かい煎茶 焼酎 煎茶 玉露 盆栽 福岡県 粉末緑茶 緑茶ハイ 緑茶割り 茶殻 落語 透明急須 野点 静岡割り 鹿児島県