海苔×お茶×チーズで風味のペアリング。華やかな味わいの後味はまるでミルクティー?!

今回ご紹介するペアリングは、お茶と海苔に共通する香りの成分を合わせて、お互いの良さを相乗効果させるもの。口の中の味わいがどんどん変わってゆくペアリングは、きっと新しい発見になるはずです。日本橋にお店を構える「ぬま田海苔店」が取り扱う初摘み海苔の中から、煎茶堂東京のお茶と合うものをセレクトしました。

単品で味わっても十分楽しめる磯の風味が特徴の「網田混1」に合わせるのは、香りを強調する「018 うじひかり」とゴルゴンゾーラチーズ。このマッチングで、ひと味違ったペアリングを味わえます。

お茶は、海苔の磯の香りと共通する香り成分「ジメチルスルフィド」を多く含む京都の「

018 うじひかり」。海苔とチーズの余韻が残っているうちに口に含むと、まるでミルクティーのようなフレーバーに変化します。



香りで合わせる、海苔のための「018 うじひかり」レシピ

優しく撚られた玉露の茶葉が、湯を差すと大きく膨らむ「018 うじひかり」。華やかな旨みと香りは乳製品にぴったりですが、温度には注意。チーズの融点を下回る温度だと、チーズが固くなり、舌触りが悪くなります。冷茶ではなく常温~ややぬるめの温度で。

 

<材料>

茶葉「018 うじひかり」4g


お湯 一煎目 60℃ 60ml
   二煎目 60℃ 40ml

ゴルゴンゾーラチーズ お好みで

海苔「網田混1」

 

<淹れかた>

【1】一煎目を淹れる

急須に茶葉を入れ、60℃のお湯60mlを注いで100秒蒸らしてからグラスへ。
(一煎目と二煎目は混ぜる)

【2】二煎目を淹れる

続けて60℃のお湯40mlを急須に注ぎ、30秒蒸らしたのちにグラスへ加えます。

 


海苔×お茶×ゴルゴンゾーラチーズのペアリングは、なんと言っても複雑に絡み合う味わいと風合いが魅力的。新しいペアリングの扉をひらいたら、お茶と海苔の世界がもっと楽しくなるはずです。

 

使用した茶葉はこちら

 

他のレシピをみる

018 うじひかり TOKYO TEA JOURNAL 海苔

← Older Post Newer Post →