中国にルーツを持つ釜炒り茶。021釜炒りさえみどり

現在、煎茶堂東京・東京茶寮で提供されている、シングルオリジン煎茶「021 釜炒りさえみどり」をご紹介します。

021 釜炒りさえみどり


中国にルーツを持つ釜炒り茶。炒り大豆のようなカラッとした味わいがスッと後引くやめられない美味しさ。‍‍‍

‍‍‍甘味:★★★ 苦味:★ 旨味:★

明るく元気のあるキャラクターで、飲む人に驚きとやすらぎを与えられるお茶。非常に香り高く、大豆やカカオのような香ばしいフレーバーが立ち上る。釜炒りの大ぶりな茶葉も魅力で、何煎も‍‍‍重ねていくにつれて徐々に大きく開いていく。苦味が出にくいので、すっきりしたお茶を飲みたい方におすすめ。‍‍‍



鹿児島「伊集院」にある釜炒りさえみどりの茶園と、農園主の前鶴憲一さん。大ぶりなのびのびとした茶葉は、この茶園で育つ。

合組

『さえみどり』シングルオリジン


産地

鹿児島県「伊集院」


農園

前鶴製茶(前鶴 憲一)


標高

121m


蒸し

浅蒸し


火入れ

146℃ 30min / 156℃ 30min‍‍‍


来歴

♂:あさつゆ
♀:やぶきた


農林水産省 品種登録年

1990年


種苗法 品種登録年

1991年


早晩性

早生


品種の特性

静岡、近畿、鹿児島などで栽培面積が増えている。旨味が強く、渋味が少ない高品質の早生品種。


命名の由来

茶葉の色が明るい冴えた鮮緑をしていることから。


茶葉

水色

レーダチャート

  

このお茶を飲んでみる

 


021 釜炒りさえみどり 煎茶缶(50g)
1,900円(税込)

 


021 釜炒りさえみどり 煎茶パック(100g)
1,944円(税込)

 

ペアリングお茶菓子


貴腐ワインレーズン(70g)
1,080円(税込)

 

021釜炒りさえみどり ペアリング 品種のはなし 鹿児島県

← Older Post Newer Post →