水はお茶の味を左右する。水道水を使う際の注意点も紹介

お茶を淹れる時、必ず必要になるのが茶葉と水。美味しい茶葉は用意できたけれど、水道水で日本茶を淹れてみたらなんとなく美味しくない、という経験のある方もいるのではないでしょうか。そう、お茶の味は水によって大きく左右されるのです。

このようにお話すると「水にこだわるのは大変」と思われるかもしれませんが、自宅の水道水でも美味しく淹れることができます。そこで今回は、日本茶を淹れる際にはどんな水を使うのがいいのか、水道水を使う際にはどんなことに注意すればいいのか、ご紹介していきましょう。

 

水がお茶の味を左右する2つの要因とは

まず、水がお茶の味を左右する要因は大きく分けて

・水そのものの味がお茶に影響を与える

・水に含まれる成分がお茶の抽出を妨げてしまう

という2点からなります。これらの要因について順番にご紹介していきましょう。

 

「お茶のほとんどは水でできている」という事実

はじめに、1つ目の「水そのものの味がお茶に影響を与える」という点についてみていきます。

そもそもお茶の成分のほとんどは水が占めています。お茶に含まれる成分を詳しく見ていくと、実に約99.7%が水でできているのです。茶葉から溶け出した成分の占める割合は、残りのたった0.3%程度。つまり、どれだけこだわりの茶葉を使ったとしても、水が美味しくなければ台無しになってしまうということです。

 

水がお茶の味に影響を与える原因として大きいのが、ミネラル臭とカルキ臭です。

ミネラル臭とは、水に含まれるカルシウムやマグネシウムによって感じる独特の重みや苦味。これが茶葉本来の持つ味を邪魔してしまうことがあります。

 

もう一つのカルキ臭は、水道水で淹れる場合に問題となるものです。冒頭でご紹介した「水道水で日本茶を淹れてみたら何となく美味しくない」という現象の要因は、まさにこのカルキ臭。

カルキとは、水道水の消毒に使われる塩素や石灰を用いた化学物質のことで、元の水に含まれる汚れ成分と化学反応を起こし、独特な塩素臭を生み出します。水道水をそのまま使うと、この独特な臭いがお茶の風味を阻害してしまうのです。

 

ただ、水道水をしっかりと煮沸することでカルキ臭を取り除くことができます。できれば沸騰した状態で3〜5分以上放置、やかんを使う場合には蓋を開けておくといいでしょう。こうすることで、原因物質を取り除くことができるため、独特の臭いも少なくなるのです。

 

日本茶には日本の水が適している理由

つづいては、2つ目の「水に含まれる成分がお茶の抽出を妨げてしまう」という点についてご紹介していきましょう。

先ほどお話しした通り、水には主にカルシウムとマグネシウムという2つのミネラルが含まれています。これらのミネラルは茶葉本来の持つ味を邪魔してしまうだけでなく、実はお茶の抽出にも影響を与えることがあるのです。

 

カルシウムやマグネシウムの含有量は、水の産地や種類によって異なっています。

水1,000mlの中にどれくらいカルシウムとマグネシウムが含まれているかを表す数値を「硬度」と言い、硬度の値が高い水を「硬水」、値が低い水を「軟水」と呼びます。要するに、2つのミネラルがたくさん含まれているのが硬水で、少ないのが軟水と考えればいいでしょう。

日本の水源の多くは軟水であるのに対し、ヨーロッパなどでは硬水が多く見られます。市販のミネラルウォーターを例にとっても、国産のほとんどは軟水、ヨーロッパ産の多くは硬水。ミネラルウォーターを購入すると、ラベルに軟水・硬水どちらなのか記載されています。

 

さて、ここからが本題です。お茶を淹れるのに適しているのは、硬水・軟水どちらでしょうか。

答えは「軟水」。なぜかと言うと、硬水はカルシウムとマグネシウムの含有量が多いため、茶葉の成分が溶け出すのを邪魔してしまうからです。こうなると、茶葉が持つ本来の味・香りが抽出されにくく、味気ないお茶になってしまうことが多いです。ミネラルウォーターでお茶を淹れる場合には、軟水、つまり日本産のものを使うのがおすすめです。

なお、日本では水道水も多くが軟水ですが、硬度には地域差があるとされています。たとえば関東地方や九州地方の水道水は、関西地方や四国地方のものに比べて硬度がやや高いとされているのです。

 

日本産の軟水を使って、美味しい日本茶ライフ

ここまでお話ししてきたことを簡単にまとめると、お茶を美味しく淹れるには、日本産の軟水、特にカルキ臭の影響が少ないミネラルウォーターを使うのがいいということです。日本では水道水も多くが軟水のため、煮沸してカルキ臭を飛ばせば美味しく淹れることができます。

水に気を配ることで、日本茶をより美味しく飲めるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

← Older Post Newer Post →