あれもハーブ?これもハーブ!ハーブの種類と4つの使い道あれこれ

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.27で特集したハーブ。飲み物や食べ物に香りを加えてくれたり、味にアクセントを付けてくれたり、リラックスの助けになったり……。食べても、飲んでも、飾ってもいいハーブ。その楽しみ方には、決してルールなんてないのです。

葉っぱのとがったローズマリー、つやつや緑の葉っぱのバジル、すらりと伸びるレモングラス。ひと口にハーブといっても、その形状はさまざま。ハーブにはどんな種類があるのでしょう?そういえば、“煎茶”だってハーブ、ですよね!





01/スペアミント

(シソ科 ハッカ属)

紀元前からハーブとして使われていたという、歴史あるハーブ。ハッカ属の多くは常緑多年草で、鎮静や防腐、解熱などの働きがあり、お茶やお菓子などに使われます。


02/ビターチョコゼラニウム

(フクロソウ科 テンジクアオイ属)

アロマオイルとして使われることが多いゼラニウムは、とても種類が多いハーブのひとつ。ミントやローズのような香りに加え、葉も花も美しく、観賞用としても人気。


01/カレーリーフ

(ミカン科 ゲッキツ属)

その名の通りスパイシーな香りを持つカレーリーフは、南インドやスリランカでは料理に欠かせないハーブ。まるふく農園では、立派な木に育っているそうです。



フランスで「ハーブの王様」と呼ばれるバジルをはじめ、ミントやシソ、タイム、ローズマリー、ラベンダーなど多くのハーブが属するのが「シソ科」。主に花や葉が魅力的な香りを放つ一群です。

もうひとつ代表的なのが「セリ科」。ディル、パクチー、クミン、パセリ、アニスなど、種にも芳香があるハーブを多く含んでいます。

ピリッとした風味が料理のアクセントになるルッコラやホースラディッシュなどは「アブラナ科」。キャベツやブロッコリーと同じ種類なのです。

他にも山椒やカレーリーフの「ミカン科」、ターメリックやカルダモンの「ショウガ科」、レモングラスは「イネ科」など種類はさまざま。でも同じ科の植物は、香りや形状、育ち方が似ているものが多いようです。


 

ハーブの使い道あれこれ




ハーブの歴史は古く、古代エジプトやローマ帝国でも薬用とされてきたと考えられています。西洋、東洋を問わず、経験という知恵を活かして暮らしの中で使われてきたハーブ。そのさまざまな利用法を調べてみました。


植物療法として

抗菌や防腐作用を持つものも多いハーブ。その歴史は古代ローマにまで遡ります。医学が発達していない時代には中国の漢方、欧米のアロマテラピー、インドのアーユルヴェーダなどで広く活用されてきました。

ハーブの持つ抗ストレス作用、抗酸化作用は、人の体に備わっている自然治癒力に働きかけ、心身のバランスを整えるとされています。


料理や飲み物に

「まるふく農園」さんのハーブクッキーは、お花もたっぷりで華やか!



ハーブの使い方には、その土地ならではの特色があらわれます。肉食の歴史が古いヨーロッパでは臭みや香りづけのためにハーブを活用する調理法が発達。

暑さの厳しいインドや東南アジアなどの国々では、食欲増進や抗菌のために、辛味のあるハーブやスパイスが活用されたと考えられます。

ドリンクも国によってさまざまで、たっぷりの砂糖とミントの葉を熱い緑茶で煮出すモロッコティーと、グラスいっぱいのミントにライムとラム、サトウキビのシロップを加えるモヒートなど、材料は似ていてもどこかその国らしさが感じられるよう。

 

香りを楽しむ



草原や花の香りをかぐと、ほっとしたり、楽しい気分になることがあります。

香りによる効果は古くから民間療法として活用されていて、タイムやミントはリフレッシュ、カモミールやラベンダーはリラックス、レモングラスやベルガモットは心を明るく切り替えるため……など、効能や気分によって使い分けられてきました。

花や葉を摘み取って乾燥させれば、ポプリやドライフラワーとして長く楽しむことも。

 

魔法のアイテム?

さまざまな効能を持つハーブは、かつての人々の目には魔法のように見えたのでしょう。ハーブの知識を持ち、使いこなす女性たちはいわゆる「魔女」のルーツと考えられ、中世には魔女狩りという悲劇にも見舞われてしまいました。

またアンデルセン童話『白鳥の王子』では、魔術で白鳥に変えられた王子たちのために、妹である姫がネトル(イラクサ)でシャツを編み、魔術を解くシーンが描かれています。不思議な力を持つハーブは、家族や大事な人の健康を祈る、魔法のアイテムだったのかもしれません。



参考:
スパイス&ハーブ事典(https://www.sbfoods.co.jp/sbsoken/jiten/
植物生活×フローリスト(https://shokubutsuseikatsu.jp/
『魔女の12ヵ月』(飯島都陽子・著/山と渓谷社)



この記事は「TOKYO TEA JOURNAL」VOL.27に収録されています。

TOKYO TEA JOURNALを購読する


バックナンバーをお求めの方はこちらのフォームよりお問い合わせください。



他の記事もみる

TOKYO TEA JOURNAL ハーブ ハーブと暮らそう

← Older Post Newer Post →

お茶のある暮らし Tea Life

RSS
Tags
001 はるもえぎ 001はるもえぎ 002 香駿 002香駿 003 こいしずく 003こいしずく 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 006ゆたかみどり知覧 009おくひかり 010 ふくみどり 010ふくみどり 011やまなみ 012 あさつゆ 014熊球磨在来 015おくゆたか 016むさしかおり 017藤枝かおり 018 うじひかり 018うじひかり 020 さえみどり 021 釜炒りさえみどり 022 かなやみどり 024 香駿雁金 027CA278 028りょうふう 029めいりょく 031 浅蒸しはるもえぎ 032 つゆひかり頴娃 033 やまかい 034 ゆたかみどり 034ゆたかみどり 035 さきみどり彼杵 035さきみどり彼杵 036 みなみかおり 037 つゆひかり大山 038 山の息吹 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 044 うじみどり 045 おくみどり 霧島 046 おくゆたか 霧島 046 おくゆたか霧島 047 釜炒りはるもえぎ 049 あさひ 050 茂2号 051松寿 053 はると34 054 あさのか 5種飲み比べギフトセット TOKYO TEA JOURNAL VOL.1 VOL.2 VOL.4 VOL.5 あの人の朝ごはん あんこ お手入れ お月見 お茶のある暮らし お茶の三大産地 お茶の情報 お茶の成分 お茶の文化 お茶の栽培方法 お茶の歴史 お茶の淹れ方 お茶の産地 お茶の製造工程 お茶はどうやって淹れれば? お茶菓子 お茶請け お菓子とお茶 お餅 かぶせ茶 ぐり茶 さくらの煎茶 にこまる玄米 ふくみどり ほうじ煎茶 ほうじ番茶 ほうじ茶 まろやかな国産粉末緑茶 わたしの茶道具 カカオ カテキン カフェイン キャップ ギフト ジャスミンティー ジャスミン茶 ジュニパーベリーティー チョコレート テアニン ハーブ ハーブと暮らそう ハーブティー バックナンバー パフェ ビタミン ピラジン プレゼント ペアリング ミネラル ミント メンテナンス ラッピング リモートワーク レシピ ワイングラス 七碗茶歌 三大銘茶 三重県 不発酵茶 中国茶 中蒸し 九州 京番茶 京都府 作山窯 八十八夜 冷茶 加賀棒茶 包装 十五夜 半発酵茶 古川 千鶴 古川千鶴 和菓子 和菓子の日 品種のはなし 埼玉県 売茶翁 夏和菓子 大福茶 子ども 宮崎県 小野寺 友麻 岡倉天心 後発酵茶 急須 抹茶 掃除 新茶 日本文化 日本茶 木村 晃 李 セロム 東京茶寮 果物 栄西 桜染め 梅シロップ 植物 植物としてのお茶 椎茸 母の日 水の旅 注ぎ口 洋菓子 洗い方 津軽三味線 浅蒸し 海苔 深蒸し 清風 温かい煎茶 温度 濃厚煎茶アフォガート 烏龍茶 煎茶 煎茶パック 煎茶堂東京 煎茶道 狭山茶 玄米茶 玉緑茶 玉露 生産量 発酵 発酵茶 盆栽 盧仝 碾茶 神 まどか 立ち読み 粉末緑茶 紅茶 緑茶 編集部 花茶 花見 茶の本 茶の湯 茶器 茶摘み 茶摘み体験 茶経 茶育 茶道 落語 蒸し製 蒸し製玉緑茶 被覆栽培 読書 豆知識 貴腐ワインレーズン 贈り物 贈答 透明急須 野点 釜炒り 釜炒り茶 釜炒り製 釜炒り製玉緑茶 長崎県 陶磁器 陸羽 雁ヶ音ほうじ茶 静岡 静岡県 飲む植物園 鹿児島県