お茶を美味しく味わうために。茶葉の正しい保存方法と消費期限は?

お茶は一度開封すると、時間と共に茶葉が酸化してしまうことをご存じですか?せっかく買ったお気に入りのお茶。できればその品質を損なわないまま、賞味期限内に美味しく保存したいですよね。

茶葉は、冷蔵庫や冷凍庫でも保存できると耳にすることがありますが、はたして正しいのでしょうか?

 

今回は、茶畑から届く美味しさをそのままに、日常生活で日本茶を楽しむための保存方法をご紹介いたします。

 

デリケートな日本茶は酸化とにおいから遠ざけて

摘採したお茶の葉を、蒸し上げ、乾燥させながら、丁寧に揉み込むことで生まれる日本茶。紅茶や烏龍茶と同じ、ツバキ科の茶の樹を原料としながら、加工時に発酵させないことが日本茶の大きな特徴です。

茶葉の新鮮な香りと味こそが持ち味の日本茶は、その製造法ゆえに、保存時に酸化しやすいデリケートな一面を持ち合わせています。

 

日本茶の味を損なう主な原因となるのが「湿気・温度・酸素・光・におい」の、5つの要素。

高い温度や湿度、そして酸素に触れる環境は、茶葉の色や香りを変化させ、味わいに影響を与えます。また、葉緑素の分解を促進する光(紫外線)も、茶葉の色に変化を与える要因のひとつです。それに加え、周囲のにおいを吸着しやすい特性を持っているのが、日本茶。

自宅で日本茶を保存する際にも、これら5つの要素を茶葉から遠ざけることが、お茶の美味しさを保つポイントとなります。

パッケージが未開封であれば、日本茶は袋のまま保存することが可能です。しかし、開封後は茶葉の容量に見合った茶筒や、密閉できるパックに移し替え、空気を抜いた状態で保存しましょう。

こうして空気との接触を防ぐことで、におい移りだけでなく、茶葉の酸化を防ぐことができます。

また、使用用途によっても、保存法は次のように異なります。

 

開封前の長期保存に。冷凍庫での正しい保存法

たくさんのお茶があり、一度に飲みきれないという時に最適な方法が、冷凍保存です。低温である冷凍庫での保存は、他の食品のにおい移りを心配することなく、お茶の味の劣化を防ぐことができます。

一方で、冷凍保存したお茶を飲む時に注意したいのが「結露」。

冷凍した食品を常温に置いておくと、周りに水滴が付くことがありますよね。同じ様に、冷凍保存した茶葉をいきなり常温に戻すと、外気温との差で結露が発生し、茶葉が湿気を帯びてしまいます。

これでは、茶葉本来が持つ、旨味と香りを再現することはできません。冷凍保存した茶葉を美味しく味わうためには、前日に冷凍庫から取り出して封を開けずに冷蔵庫へ移し、当日は室温でゆっくりと常温に戻して使用しましょう。

 

保管中には、外気になるべく触れないよう、しっかりと密閉するのがポイント。密閉袋に移し、空気を抜いた状態で保管することが大切です。

冷凍しておけば長期間の保存ができ、急激な温度変化による結露を避けることで、茶葉本来の旨味を呼び起こすことができます。

 

日常的に日本茶を楽しむなら、冷蔵庫より冷暗所がおすすめ

保存容器を毎日開封するという際には、冷暗所での保存がおすすめです。その際には、酸化を防ぐため、密閉性と遮光性を兼ね備えた容器を使用しましょう。

 

冷蔵庫での保管はより低温にはなりますが、容器を開け閉めするたびに、茶葉が湿気を吸う恐れがあります。また、他の食品のにおい移りも心配です。

日本茶は、含水率5%以下の乾燥食品です。乾燥食品でイメージしやすいのは、干しシイタケや切干大根、またドライフルーツなどでしょうか。これらの食品も、一度開封した後は、冷暗所で保管されます。

乾燥を繰り返し生まれる日本茶もまた同様に、冷蔵庫へは入れず、湿気と直射日光を避けながら保存しましょう。

 

日本茶を美味しく飲める賞味期限はいつまで?

お茶本来の香りや旨味を楽しむためにも、日本茶は開封後2週間から1カ月で飲みきるのが理想的です。開封してから時間が経過するほど、茶葉は湿り気を帯び、色や香りも損なわれてしまいます。

そのため、大量購入して長期保存するより、少量単位で早めにいただく方が、お茶の味わいをより深く楽しむためにはおすすめです。

 

日本茶は、茶葉の育った産地や焙煎方法によって、甘みや苦み、旨味が異なるもの。特に、ブレンドをしないシングルオリジンの茶葉には、その個性が顕著に現れます。

日常の中で様々な産地の茶葉を味わいながら、自分だけのお気に入りの農園を見つけるのもまた、お茶の楽しみ方のひとつと言えそうですね。

 

日本茶にやさしい保存方法でより豊かな味わいを

日本茶を日常的に楽しむ際は、日本に古くから伝わる茶筒に入れて、冷暗所で保存するのがおすすめです。

長期保存を望まれるのであれば、茶筒か未開封の袋のまま、茶葉の劣化を防ぐことのできる冷凍庫へ入れましょう。

 

多くの工程を経て生み出される日本茶の味わいは、実にデリケート。保存環境によって、その品質は変化してしまいます。

茶葉本来の旨味を引き出すためには、空気や光を遮断し、適温で保存するなど、ちょっとした気遣いが必要です。

ぜひ最適な保存方法で、茶葉が生まれ育ったテロワールそのままに、その深い味わいをお楽しみください。

← Older Post Newer Post →

お茶のある暮らし Tea Life

RSS
Tags
001 はるもえぎ 001はるもえぎ 002 香駿 003 こいしずく 003こいしずく 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 006ゆたかみどり知覧 010 ふくみどり 011やまなみ 012 あさつゆ 016むさしかおり 018 うじひかり 018うじひかり 020 さえみどり 021 釜炒りさえみどり 022 かなやみどり 024 香駿雁金 031 浅蒸しはるもえぎ 034 ゆたかみどり 034ゆたかみどり 035 さきみどり彼杵 035さきみどり彼杵 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 045 おくみどり 霧島 047 釜炒りはるもえぎ 5種飲み比べギフトセット TOKYO TEA JOURNAL VOL.1 VOL.2 VOL.4 VOL.5 お月見 お茶のある暮らし お茶の三大産地 お茶の情報 お茶の成分 お茶の淹れ方 お茶の産地 お茶はどうやって淹れれば? お茶菓子 お餅 ふくみどり ほうじ茶 まろやかな国産粉末緑茶 カテキン カフェイン ギフト テアニン ハーブティー ビタミン プレゼント ペアリング ミネラル ミント ラッピング リモートワーク ワイングラス 三大銘茶 三重県 九州 京都府 作山窯 八十八夜 冷茶 包装 十五夜 品種のはなし 埼玉県 大福茶 子ども 宮崎県 新茶 東京茶寮 梅シロップ 植物 植物としてのお茶 海苔 温かい煎茶 温度 煎茶パック 煎茶堂東京 狭山茶 玉露 生産量 編集部 茶育 贈り物 贈答 透明急須 長崎県 静岡県 飲む植物園 鹿児島県