【試飲茶会】2021年7月販売のシングルオリジン煎茶2種を飲み比べしてみました!

煎茶堂東京で取り扱っているシングルオリジン煎茶は50種類以上。(2021年7月時点)その中でも、通年販売している茶葉と、期間を限定して販売している茶葉があります。

今回は、2021年7月から販売を開始するシングルオリジン煎茶2種をご紹介!煎茶堂東京 銀座店・店長/李(り)と、煎茶堂東京 銀座店・ティーコンシェルジュ/木村が2種を試飲してお茶会を行った様子を写真と一緒にお伝えします。

「たくさん種類があるけどどんな味なの?」「どう違うの?」「私が好きなお茶はどういうもの?」など、お茶を選ぶときの参考にご覧ください。


煎茶堂東京 銀座店・店長/李 セロム

好きなお茶「017 藤枝かおり」「022かなやみどり」
香りのお茶が好き。 “このお茶はどんなシーンに合うかな”と想像しながら味わうのが私流です。

https://twitter.com/lee_searom



煎茶堂東京 銀座店・ティーコンシェルジュ
木村 晃

好きなお茶「008 Z1」「032 つゆひかり頴娃」
渋みの効いたお茶が好き。塩っぱいおつまみとお茶のペアリングにハマっています。

https://twitter.com/akira_greentea

 

 

 

オンラインで試飲茶会。今回は、李と木村が自宅で試飲会を行いました。「今朝はどんなお茶を飲んだ?」などの近況報告からスタート。

 




李:
「おはようございます。木村さん、今朝は起きて何かお茶飲みましたか?」

木村:
「今日は試飲会があるのでまだ飲んでないですよ。個人的に『014 熊球磨在来』が大好きなので、楽しみに待ってました。」

李:
「なるほど!熊球磨在来美味しいですよね〜私も大好きです!では、早速はじめましょうか。7月は、「014 熊球磨在来」「015 おくゆたか」が期間限定の品種です。」

木村:
「『015 おくゆたか』からでどうでしょうか?」

李:
「良いですよ!」




焙煎の香りに甘くどっしりとした味わいが相性抜群「015 おくゆたか」

 




「015 おくゆたか」どんなお茶?


「015 おくゆたか」は素朴な味わいのお茶。低温で焙煎をしているので、こっくりとした焙煎香が甘さを感じさせてくれます。煎茶堂東京のお茶の中では、甘い方に位置づけられるお茶なので、甘めがお好きな方にオススメ。

 





李:
「『015 おくゆたか』は、水出しを作ってみました。昨日の夜に仕込んで冷蔵庫のなかに置いていたんです。木村さんはどんなレシピにしますか。」

木村:
「僕は…どうしよう。一煎目は温かくして飲んで、二煎目は急冷にしようかな。」

李:
「それも良さそうですね。アイスが飲みたくなったということは夏ですね!」

木村:
「一煎目は70℃、120㎖、1分20秒の基本の淹れ方で淹れました。すっきりとした甘味と柔らかい旨味を感じます。優しい口当たりで心がホッとしますね。二煎目は85℃、120㎖、30秒蒸らして氷に注ぎます。」

 




李:
「そういえば、おくゆたかの急冷茶は飲んだことないかも。どんな味ですか?」

木村:
「お…!本当ですか。すきっとした渋みが心地よいです。一煎目と全く違う表情を見せるので、このギャップが面白いですね。夏バテした時とか、夏の暑い昼間とか。優しい味に心も体も癒されそうな感じがします。」

李:
「急冷茶でしか感じられない“すきっとした渋み”がありますね。木村さんの言葉を聞いたら私も急冷茶が飲みたくなりました。」

 



木村:
「水出しはどうですか?」

李:
「めちゃめちゃスッキリしていて、さりげなく甘みも感じます!想像通りのおいしさです。『015 おくゆたか』は夏にはぜひオススメしたいですね。」


 





自然のままの大地を感じさせる飾らない味わい「014 熊球磨在来」


「014 熊球磨在来」どんなお茶?

自然の生態系を活かし、全く農薬や化学肥料を使用しない栽培方法を続けて二十余年。愚直に素朴な味わいのお茶を作ってきたからこそ作り出せる、ドシンと重みのある味わいが特徴です。

煎茶堂東京のお茶の中では、苦味と香りに位置づけられるお茶なので、すっきりとした日本茶を楽しみたい方にオススメ。






木村:
「煎茶堂東京に入社してはじめて『014 熊球磨在来』を飲んだ時は…衝撃でした。茶葉の形がぐりんと曲がっていることや、香りも味にもびっくりしました。」

李:
「飲めば飲むほど“美味しい”と思うのが『014 熊球磨在来』かもしれないですね。煎茶堂東京のチャート表を見ると「大地」とありますが、この「大地」と言うのが熊球磨在来を一番上手く表現してくれるワードだと思います。」






木村:

「確かに。大地感ありますよね。何て言えばいいんだろう? うーん.. あまり聞こえは良くないけど、土っぽい感じ。 どう言えばおいしそうに聞こえるでしょうかね。」

李:
「土っぽい、すごくわかります!新鮮で元気そうな土の感じ? なんというか…ここで野菜を育てるととても美味しく育つような土が想像できます。」

木村:
「新鮮な土、良い表現ですね。熊球磨在来はレシピはどうしましょうか?」

李:
「今回は70℃、120㎖、1分20秒の基本の淹れ方で淹れます。」






木村:
「僕はちょっと高めにしてみようかな。85℃、120㎖、40秒で淹れます。爽やかな花香がしますね。すっきりしつつドッシリとした深い味わいが最高です!中国茶や台湾茶好きであれば、好きなタイプかもしれませんね。」

李:
「やはり温かいお茶は心をリラックスさせてくれます。 さっぱりするけど口にじんわり広がる渋い味なので、シンプルなお茶菓子とマッチしてもおいしそうですね。木村さんが「和菓子の日」ブログで紹介した金平糖とも合いそう!」


 

 


木村:
「僕は朝の目覚めのお茶として飲みたいです。特に夏の目覚めのお茶にピッタリな気が!」

李:
「目覚めの直後に良いですね!よし、明日の目覚めのお茶は熊球磨在来にします(笑)」

 




木村:

「『014 熊球磨在来』も二煎目は急冷にします。90℃、30秒で氷に注ぎます。」

李:
「私も二煎目を急冷茶にして飲もう!」

木村:
「うわ、思わず、“うまっ”と漏れてしまいました。旨味や甘味が抑えられて、渋みと爽快な香りが引き立つのがすごく美味い。個人的にはとても好みな味に変化しました。」

李:
「『015 おくゆたか』も『014 熊球磨在来』も、7月販売の品種は本当に夏にピッタリですね。店頭に並ぶのが楽しみです。」

木村:
「 熊球磨在来の急冷茶をもうちょっと飲みたいので、氷をお代わりして来ます。」

李:
「はい!いってらっしゃい。」


 



全ての茶葉の販売期間をみる

← Older Post Newer Post →

お茶のある暮らし Tea Life

RSS
Tags
001 はるもえぎ 001はるもえぎ 002 香駿 002香駿 003 こいしずく 003こいしずく 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 006ゆたかみどり知覧 009おくひかり 010 ふくみどり 010ふくみどり 011やまなみ 012 あさつゆ 014熊球磨在来 015おくゆたか 016むさしかおり 017藤枝かおり 018 うじひかり 018うじひかり 020 さえみどり 021 釜炒りさえみどり 022 かなやみどり 024 香駿雁金 027CA278 028りょうふう 029めいりょく 031 浅蒸しはるもえぎ 032 つゆひかり頴娃 033 やまかい 034 ゆたかみどり 034ゆたかみどり 035 さきみどり彼杵 035さきみどり彼杵 036 みなみかおり 037 つゆひかり大山 038 山の息吹 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 043 やまとみどり 044 うじみどり 045 おくみどり 霧島 046 おくゆたか 霧島 046 おくゆたか霧島 047 釜炒りはるもえぎ 049 あさひ 050 茂2号 051松寿 053 はると34 054 あさのか 056 やぶきた臼杵 2020年 5種飲み比べギフトセット TOKYO TEA JOURNAL VOL.1 VOL.2 VOL.4 VOL.5 あの人の朝ごはん あんこ お手入れ お月見 お茶のある暮らし お茶の三大産地 お茶の情報 お茶の成分 お茶の文化 お茶の栽培方法 お茶の歴史 お茶の淹れ方 お茶の産地 お茶の製造工程 お茶はどうやって淹れれば? お茶菓子 お茶請け お菓子とお茶 お餅 かぶせ茶 ぐり茶 さくらの煎茶 にこまる玄米 ふくみどり ほうじ煎茶 ほうじ番茶 ほうじ茶 まろやかな国産粉末緑茶 わたしの茶道具 カカオ カテキン カフェイン ガラス キャップ ギフト ジャスミンティー ジャスミン茶 ジュニパーベリーティー チョコレート チーズ テアニン ハーブ ハーブと暮らそう ハーブティー バックナンバー パフェ ビタミン ビール ピラジン プレゼント ペアリング ミネラル ミント メンテナンス ラッピング ランキング リモートワーク レシピ ワイングラス 七碗茶歌 三大銘茶 三重県 不発酵茶 中国茶 中川たま 中蒸し 九州 京番茶 京都府 佐賀県 作山窯 光と色とガラス 八十八夜 八女茶 冷茶 加賀棒茶 包装 十五夜 半発酵茶 古川 千鶴 古川千鶴 和菓子 和菓子の日 品種のはなし 埼玉県 売茶翁 夏和菓子 大福茶 奈良県 嬉野茶 子ども 宇治茶 宮崎県 小野寺 友麻 岡倉天心 後発酵茶 急須 抹茶 掃除 新茶 日本文化 日本茶 木村 晃 李 セロム 東京茶寮 果物 栄西 桜染め 梅シロップ 植物 植物としてのお茶 椎茸 母の日 水の旅 注ぎ口 洋菓子 洗い方 津軽三味線 浅蒸し 海苔 深蒸し 清風 温かい煎茶 温度 濃厚煎茶アフォガート 烏龍茶 煎茶 煎茶パック 煎茶堂東京 煎茶道 熊本県 狭山茶 玄米茶 玉緑茶 玉露 生産量 発酵 発酵茶 盆栽 盧仝 碾茶 神 まどか 福岡県 立ち読み 粉末緑茶 紅茶 緑茶 編集部 花茶 花見 茶の本 茶の湯 茶器 茶摘み 茶摘み体験 茶経 茶育 茶道 落語 蒸し製 蒸し製玉緑茶 被覆栽培 読書 豆知識 貴腐ワインレーズン 贈り物 贈答 透明急須 部屋に飾りたい花 野点 釜炒り 釜炒り茶 釜炒り製 釜炒り製玉緑茶 長崎県 陶磁器 陸羽 雁ヶ音ほうじ茶 静岡 静岡県 飲む植物園 鹿児島県